« 「しがみつかない死に方」 香山リカ著 | トップページ | 「ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ」 イハレアカラ・ヒューレン著 »

2011年2月 7日 (月)

「発達障害に気づかない大人たち」 星野仁彦著

少し気になるタイトルだったのと、新書で持ち歩きやすいのとで購入して読んでみました。
発達障害に関しては知識として持っておきたいと思うことがあり、これまでにも子どもに関するものはある程度の数読んできたつもりです。(といっても、どんどん忘れてしまうのですが…。)

ただ、この本は「大人」に関してのものであり、更に、「気づかない大人」となっていて、更に表紙をめくると「大人こそ注意すべき『発達障害』」と書かれていて、一体どんな内容なのだろうと読んでみました。

章立ては以下のようになっています。

序章  発達障害に気づかないまま大人になる人たち
第1章 大人の発達障害って何だ?――「障害」という言葉が招いた誤解
第2章 こんな人は、発達障害かもしれない――大人の発達障害の症状とは
     [1] 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の特徴
     [2] アスペルガー症候群(AS)の特徴
     [3] 大人の女性の発達障害の特徴
第3章 発達障害は隠れている――併発するさまざまな合併症
第4章 発達障害はなぜ起こるのか?――その原因とメカニズム
第5章 大人の発達障害は治せる――治療の手段とサポートの方法
     [1] 発達障害の治療はどのように行われるのか?
     [2] 周囲はどう対応すればいいか?
第6章 磨かれていない原石――発達障害者が持っている才能を生かすには

専門用語なども出てきて、私にとっては「さらっと読める」とは行きませんでしたが、中には簡単な診断表などもあり、また、どういう人が発達障害が疑われるかを述べるだけでなく、本人や周囲の人間がどのように対応すればよいかや、発達障害の方が持つ才能をどう開花させるかなど、その対処の仕方などについても触れられており、参考になるところも多いのではないかなと思いました。

知識として持っておくだけでも役に立つこともあるのではと思いますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「しがみつかない死に方」 香山リカ著 | トップページ | 「ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ」 イハレアカラ・ヒューレン著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/49779026

この記事へのトラックバック一覧です: 「発達障害に気づかない大人たち」 星野仁彦著:

« 「しがみつかない死に方」 香山リカ著 | トップページ | 「ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ」 イハレアカラ・ヒューレン著 »