« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 「日本の未来、ほんとは明るい!」 三橋貴明著 »

2011年1月10日 (月)

「この国を出よ」 大前研一・柳井正著

ユニクロの柳井社長が大前氏と共著で著書を出されたようで、更になかなか気になるタイトルでもあったので、読んでみました。(最近は読み終えてからご紹介までに随分ラグがあるのですが…。)

柳井社長の著書はこれまでに数冊、大前氏の著書は1冊か2冊しか読んだことがないものの、お二人とも著名な方で、そのお二人が共著で「この国を出よ」というタイトルの本を書かれると、一体どんな内容なんだろう?と読み進めました。

共著ですが、対談形式ではなく、それぞれの章の項目ごとに、ここは大前氏、ここは柳井氏というように、どちらが書かれたかがわかるようになっています。

プロローグ もう黙っていられない  柳井正
第1章<現状分析> 絶望的状況なのに能天気な日本人
第2章<政治家と官僚の罪> 誰がこの国をダメにしたのか?
第3章<企業と個人の"失敗"> 変化を嫌う若者だらけの国を「日本病」と呼ぶ
第4章<ビジネスマンの「稼ぐ力」> 「理想の仕事」探しより「自力で食える」人間になれ
第5章<企業の「稼ぐ力」> 21世紀のビジネスに「ホーム」も「アウェー」もない
第6章<国家の「稼ぐ力」> 日本再生のための"経営改革案"を提示する
エピローグ 日本を出よ!そして日本へ戻れ 大前研一

内容は政治や経済に疎い私でも一応理解できましたし、へぇ~と思うこともあり、また、悲観的になるだけの内容ではなく、こうすればいいというそれぞれのお考えも提示されていて、弱小で経営という意識すらほとんどない私が直接参考にさせて頂けるようなことはなさそうなのですが、 それでも興味深く読めました。
内容的にはどちらかというと男性向けに書かれているかなと思ったりもしますが、ご興味のある方は本棚に立てておきますので、どうぞ。

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 「日本の未来、ほんとは明るい!」 三橋貴明著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/50535038

この記事へのトラックバック一覧です: 「この国を出よ」 大前研一・柳井正著:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 「日本の未来、ほんとは明るい!」 三橋貴明著 »