« 「ほんとうに頭がよくなる『速読脳』のつくり方」 苫米地英人著 | トップページ | 「発達障害に気づかない大人たち」 星野仁彦著 »

2011年1月31日 (月)

「しがみつかない死に方」 香山リカ著

最近はなるべく、1冊読み終えたら次を買うように心がけているのですが、そうなるとなぜか読書ペースがかなり落ちているような気も…。プレッシャーが必要なんでしょうか…。(関係ない話ですみません。)

こちらは書店で目に留まり、香山氏の「しがみつかない生き方」という本はタイトルは知っていたものの読むに至らなかったのですが、こちらは副題が「孤独死時代を豊かに生きるヒント」となっていて、ついつい購入してしまいました。(読み終えてから随分経ってしまいましたが…。)

内容は7章からなっていて、それぞれ以下のようなタイトルになっています。

第1章 孤独死恐怖症候群
第2章 「ひとりで死ぬ」という現実
第3章 遺品の行方
第4章 「別れ方」にしばられない
第5章 「死に方」にしがみつかない
第6章 「伝え方」に悩まない
第7章 「死後の準備」にとらわれない

精神科医というお仕事柄、「孤独死」を恐れて診察に訪れる患者さんなどのことも紹介され、また、実際に孤独死をした場合そのあとどんなことになるかであるとか、事前に準備をしていた場合に考えられることであるとか、また、葬儀について、最近増えているらしい「直葬」などにも触れながら、自分の死後、どの程度の費用が必要かということなども、ある程度参考になることが書かれていました。

この歳で独り身。普段はあまり考えないのですが、時々つい考え出すと不安になってしまうこともありますが、結局、こういう本を読んで何か気休めになるようなことが書かれていないか探しているんだろうと思います。

著書の中にも書かれていましたが、「孤独死」の定義というのははっきりしておらず、家族がいるからといって、死ぬときにひとりということは全ての人に考えられることだと言われれば確かにそうで、結局は亡くなってからどのぐらいの期間で気づいてもらえるか、見つけてもらえるかというところがひとつのポイントになりそうだと。

確かにそう言われればそうで、今の私の生活だと、仕事に出なくても、私の自宅の電話番号をご存知の方は保護者の方の中にはおられませんし、携帯を知っていても私が出なければ同じこと。当然実家の電話番号を知っておられる方もいません。
万一の場合、どういう展開になるんだろうなぁ?とぼんやり考えてみましたが、結局詰まるところ、誰も明日のことはわからないということなんだろうと、そのあたりで考えるのをやめました。(苦笑)

教室の保護者の皆さんには必要なさそうな本ですが、とりあえず本棚に立てておきますね。

|

« 「ほんとうに頭がよくなる『速読脳』のつくり方」 苫米地英人著 | トップページ | 「発達障害に気づかない大人たち」 星野仁彦著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/49779006

この記事へのトラックバック一覧です: 「しがみつかない死に方」 香山リカ著:

« 「ほんとうに頭がよくなる『速読脳』のつくり方」 苫米地英人著 | トップページ | 「発達障害に気づかない大人たち」 星野仁彦著 »