« 「独破力」 松井大輔著 | トップページ | 「なぜ人生は、うまくいかないのか?」 アルボムッレ・スマナサーラ著 »

2010年9月27日 (月)

「チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人」 松田公太著

先日、松田公太さんの最初の著書を読み、ちょうどその頃出た新刊だったので、こちらもすぐに買ってしまいました。

内容はまず第1章で「チャンス」と「ピンチ」という名の犬が登場し、色々な経験をする物語が展開されており、名前の通り、様々な「チャンス」と「ピンチ」が訪れます。

そして、その物語で何を伝えたかったかということなどについてを以降の章で述べておられるという感じです。

第2章は 「チャンスとピンチの物語」を追って
第3章は ピンチをチャンスに変えるシンプルな発想法
第4章は 反対意見が出ない仕事は疑え――チャンスがピンチに変わるとき
第5章は 人生の「目的」を見つけよう

となっており、内容は全体を通して非常に読みやすく、わかりやすいと思います。
個人的には1冊目の著書の方が好きですが、何かで悩んだり迷ったりしている方や、これから仕事に就くという若い方、起業を考えている方などには何か感じることがあるのではないかと思います。

行間たっぷりなので、多分短時間で読み終えられるのではと思いますので、ご興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょう。

|

« 「独破力」 松井大輔著 | トップページ | 「なぜ人生は、うまくいかないのか?」 アルボムッレ・スマナサーラ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/49106921

この記事へのトラックバック一覧です: 「チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人」 松田公太著:

« 「独破力」 松井大輔著 | トップページ | 「なぜ人生は、うまくいかないのか?」 アルボムッレ・スマナサーラ著 »