« 「子どもの成績がみるみる上がる 3分間キッチンタイマー勉強法」 後藤武士著 | トップページ | 「わくわく切り紙昆虫館」 今森光彦作 »

2010年8月30日 (月)

「すべては一杯のコーヒーから」 松田公太著

随分以前から気になっていたのですが、もしかして過去に読んだっけ?という気がして、なかなか購入に至っていませんでした。
ですが、このブログの中を探してみても、本棚を見ても、それらしいものもなく、また、ちょうど先日の参議院選挙で松田氏が立候補され、当選されたのを見て、再び興味がわき、読んでみることにしました。

この本は松田氏の1冊目の著書で、タリーズコーヒージャパン株式会社代表取締役の頃に書かれたもののようです。
松田氏のお名前だけは知っていたものの、近くにタリーズがなかったので、どういうコーヒーショップなのかも知りませんでしたが、この本を読みながら、ああ、この方もとても真っ直ぐで熱くて気持ちのよい方だと、しみじみ思いました。(ワタミの渡邉社長も私にとってはそういう印象の方です。)

子どもの頃をアフリカのセネガル、その後アメリカのマサチューセッツで過ごされ、86年に単身で帰国。筑波大に入学されたとの紹介があります。
その後、三和銀行に勤めておられたときにタリーズのコーヒーに出会い、そこからの奮闘なども詳しく書かれています。

とにかく、私にとっては「好きな本」で、読み始めたら引き込まれ、少し読んだら眠るつもりで布団に入って読んでいたのですが、結局明け方まで読み続けてしまいました…。
1冊本を読んだだけで、直接は全く知らない方ですが、こういう、気持ちが真っ直ぐな方が政治に携わってくださるのは少し楽しみに思えます。

これを読み終えた後、ちょうど、3冊目にあたるのでしょうか、新刊が出たところだったので、思わず購入してしまいました。

|

« 「子どもの成績がみるみる上がる 3分間キッチンタイマー勉強法」 後藤武士著 | トップページ | 「わくわく切り紙昆虫館」 今森光彦作 »

コメント

kunitate先生、いつもありがとうございます!(笑)
コンビニに…ってのは、実は私もちょっと共感できるというか、教室を始める前、
いざとなったらコンビニでも牛丼屋でも、深夜バイトをすれば、当面生活できると
見積もって独立を決心しましたから。(私の場合、ちっちゃく始めたので借金は
0でしたけど。)
でも、この話、いつもとてもお世話になっている某先生も独立されるとき同じこと
考えたそうです。同業者にはこの発想、多いんでしょうか?(苦笑)

投稿: TOH | 2010年9月 1日 (水) 00時13分

コンビニにバイトの時給を確認に行く場面、凄く好きです。
この場面が自分の独立しようかと迷う背中を押してくれました♪
私もこの本、とても好きです!

投稿: kunitate | 2010年8月31日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/49106934

この記事へのトラックバック一覧です: 「すべては一杯のコーヒーから」 松田公太著:

« 「子どもの成績がみるみる上がる 3分間キッチンタイマー勉強法」 後藤武士著 | トップページ | 「わくわく切り紙昆虫館」 今森光彦作 »