« 「ガラパゴス化する日本」 吉川尚宏著 | トップページ | 「男の子はもっと遊ばせろ!」 松永暢史著 »

2010年6月 7日 (月)

「国語の力を親が伸ばす」 高濱正伸著

以前から、素晴らしい先生だなぁと思っていますが、少し前に情熱大陸で取り上げられて、ますます偉大な方だなぁと。放送の少し前に出されたのがこちらの本のようで、放送後にはノートの取り方についての本も出されたようです。(そちらも購入済ですが、まだ読んでいません。)

高濱先生の最初の著書なのではと思いますが、「小3までに育てたい算数脳」という本を数年前に読み、内容に大いに共感。一度お目にかかってみたいと思っていたのですが、その後先生はどんどん有名になられ、花まるの教室もどんどん数を増やし、著書も続々と出版され…。

算数に関しては大いに共感できることが多かったこともあり、高濱先生の書かれる国語の著書ということで、期待しつつ読ませて頂きました。

タイトルからも家庭でどのようなことに心がければ子どもの国語の力が伸びるかということについて書かれており、とても読みやすく、わかりやすい内容になっています。

実際のところ、国語の力というのは、塾などで知識を詰め込んだり、たくさん問題を解いたところで、伸ばせる部分はかなり限られているように思います。
そのもっと基礎となる部分をいかに小さいうちから家庭で伸ばしていけるかというところは、かなり重要になってくると思うのですが(テストの成績云々に限ったことではなく、しっかり考えられる、人に伝えられる、表現できるというようなことは、生きていく上でとても重要なことだと思いますので)、そのために参考になりそうなことを色々と紹介してくださっています。

国語の力を伸ばすということですが、半分はどんな風に子育てをすべきかというような内容でもあるように思います。

行間も多めでさっと読めるような内容ですので、小さいお子さんをお持ちの方は一度読んでみられてはと思います。

|

« 「ガラパゴス化する日本」 吉川尚宏著 | トップページ | 「男の子はもっと遊ばせろ!」 松永暢史著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/48325804

この記事へのトラックバック一覧です: 「国語の力を親が伸ばす」 高濱正伸著:

« 「ガラパゴス化する日本」 吉川尚宏著 | トップページ | 「男の子はもっと遊ばせろ!」 松永暢史著 »