« すみません・・・。 | トップページ | 「日本でいちばん大切にしたい会社2」 坂本光司著 »

2010年5月10日 (月)

「あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言」 ジャック・キャンフィールド ケント・ヒーリー著

なんとなくタイトルにひかれ、また、ジャック・キャンフィールドというお名前を見て、以前読んだ「こころのチキンスープ」が好きだったのとで、読んでみることにしました。

内容はタイトルからもわかるように、潜在能力を引き出すための「原則」が20挙げられており、また、それぞれの原則を述べておられる中に、それに関連するような名言を54取り上げて紹介しておられます。

行間も余白もたっぷりで、内容もわかりやすい表現なので、読み始めるとわりと一気に読めてしまうのではないかと思います。

表紙をめくると、本文からの抜粋としてこう書かれています。

世の中は、「自分はこれからすごいことをするつもりだ」と言う人であふれています。しかし、実際に目標を立てて結果を出す人はごくわずかしかいません。その人たちに能力がないからではなく、たいていの場合、潜在能力を引き出す方法を知らないからです。この本はそういう人たちのために書かれています。

また、「はじめに」の中にこんな言葉があります。


この本で紹介する成功法則の恩恵を受けるためには、まず、次の考え方を理解しなければなりません。

"誰かに腕立て伏せを代行してもらっても、自分が力をつけることはできない"

最近は自己啓発系の本を読む割合は昔よりかなり減りましたが、以前読んだ(そういえばご紹介していないような気がしますが…)「ザ・シークレット」に書かれていたことや、その他、何十年とか100年以上読みつがれてきた…などと紹介されているような自己啓発系の本や、成功法則を書いた本などは、詰まるところどれもほとんど同じことを言っているような気はします。

こういう本は読むと気持ちが前向きになるような気がしますし、紹介されている名言からも「ああ、そうだなぁ」と思うことがあるかもしれません。
ご興味のある方はどうぞ。

|

« すみません・・・。 | トップページ | 「日本でいちばん大切にしたい会社2」 坂本光司著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47909670

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言」 ジャック・キャンフィールド ケント・ヒーリー著:

« すみません・・・。 | トップページ | 「日本でいちばん大切にしたい会社2」 坂本光司著 »