« 「リハビリの夜」 熊谷晋一郎著 | トップページ | 「あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール」 田中和彦著 »

2010年4月26日 (月)

「「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる」 松本順市著

タイトルが気になったので3、4ヶ月ほど前に買ったような気がするのですが、直接仕事に関係がありそうな話でもなかったので、ついつい後回しになっていました。

著者の松本氏は著者紹介によると、中央大学大学院を中退の後、株式会社魚力に入社。社長の参謀役として労働環境改善に取り組まれ、「3K」産業の魚屋業界初、サービス残業なし週休2日制を実現されたほか、様々な業績を向上させ、現在は株式会社多摩研代表として、中小企業に人事制度作りのノウハウを提供されているそうです。

内容としては、近年日本でも年功序列の制度が崩れ、成果主義が導入されるようになってきたものの、その結果としてどういうマイナスが生じているかというようなことを中心に書かれています。

特に第二章、第三章では「なぜ、歩合給の会社がダメになるのか」「なぜ『ノルマ』『競争』『残業』が、会社の成長を止めるのか」と題し、それぞれの仕組みに潜む問題点をわかりやすく述べておられます。

そして、第四章で「なぜ、教え合う会社が強いのか」と、「即戦力」に頼らず、社員を育て上げること、成長を評価することで生じるメリットを述べておられます。

そこまでは中小企業の経営者や人事担当者などに主に参考になるのかなと思いながら読んでいましたし、自分の仕事には直接関係なさそうではありながらも、割と興味深く読むことができました。

第五章はこの本の中ではここだけ少し印象が違っている気がするのですが、(私が読んで感じたことなので、勘違いかもしれませんが…)企業で働いている社員に向けて書いておられるのかなという内容でした。

新書で読みやすい内容でもありますので、直接仕事に関係ない方でもさらっと読めるのではと思います。

|

« 「リハビリの夜」 熊谷晋一郎著 | トップページ | 「あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール」 田中和彦著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47636362

この記事へのトラックバック一覧です: 「「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる」 松本順市著:

« 「リハビリの夜」 熊谷晋一郎著 | トップページ | 「あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール」 田中和彦著 »