« 「子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!」 西角けい子著 | トップページ | 「ツイッター 140文字が世界を変える 」 コグレ マサト、 いしたに まさき著 »

2010年4月 5日 (月)

「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」 美月あきこ著

書店で表紙が見えるように棚に並べられている中の1冊で、タイトルと帯の言葉が目に留まり、買ってみたのですが…。

副題には「3%のビジネスエリートが実践していること」と書かれており、帯には「そうか!成功したかったら、成功者の真似をすればいいんだ。」との言葉が。

著者の美月氏は元国際線のキャビンアテンダントで、現在はそのご経験を生かした「CA-STYLE」の主宰をされているそうです。

そして、本書の内容は国際線CA時代にファーストクラスを利用されたお客様の中で、特に「創業社長」に注目して書かれたものということです。
確かにCA時代のご経験談がふんだんに、写真や章末のコラムなどでも紹介されていて、ファーストクラスどころか、飛行機に乗ったことすら数えるぐらいしかない私にとっては、へぇ~、ファーストってそんななんだ~と知ることはできましたが、さて、「成功者の真似」というところで見ると…個人的にはあまり「目からウロコ」的なものはありませんでした。

エコノミーやビジネスのお客様と比較して、ファーストのお客様はこんな風に…というようなことが多いのですが、普通に考えても航空会社にとっての上顧客であるファーストのお客様に対して、最初から悪い感情を抱くことはそうそうないでしょうし、「よい方」が多いというのも、恐らくそうなんだろうとも思います。

確かに会社員の方や大人相手のお仕事の方などでは色々参考になることもあるのかなとは思いますが、どういう話し方をするかとか、どういう気の配り方をするかとか、話すときにはメモを取っておられるとか、そういうお話が多く、そういう意味では目新しさのようなものはあまり感じないかなぁと。

自分がタイトルから想像していた内容とは若干ずれているかなと、そんな気がしました。(もちろん、私が勝手に想像しただけですので、内容がよい悪いということではありません。)

|

« 「子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!」 西角けい子著 | トップページ | 「ツイッター 140文字が世界を変える 」 コグレ マサト、 いしたに まさき著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47909777

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」 美月あきこ著:

« 「子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!」 西角けい子著 | トップページ | 「ツイッター 140文字が世界を変える 」 コグレ マサト、 いしたに まさき著 »