« 「夢のスイッチ」 渡邉美樹著 | トップページ | 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 »

2010年2月11日 (木)

「モンテッソーリ教育を受けた子どもたち」 相良敦子著

これまで何冊かモンテッソーリ教育関連の本は読みましたが、ここしばらくお休みしていたことと、モンテッソーリ教育を受けた子達がその後どうなったのかということについて書かれているようでもあったこととで、書店で目にして購入しました。

何年か前、初めてモンテッソーリ教育というものを知ったとき、もし塾を辞めたとき、先にこの学習法に出会っていたら、もしかするとこの教員を目指していたかもしれないなと思ったほど、かなり興味深く、子ども達にとってかなりよい学びの方法なのではと感じました。

久しぶりに相良先生の本を読み、また、モンテッソーリ教育について改めて、ああ、そうだ、こういうものだったと確認し、やはりかなりの魅力を感じました。

本で紹介されている事例は、もちろん結果が本人やおうちの方などから見て「よい」と感じる場合が紹介されているところはあると思いますし、モンテッソーリ教育を受けられる環境にあるご家庭のご子息たちだということなどもあるとは思いますが、きっと、ここに書かれているような成長をする子達の割合が高いだろうということはなんとなく納得できます。

そして、うちの教室ではモンテッソーリ教育は導入できていないのですが、ここに書かれていることのうち、なんとなく共通する部分を子ども達から感じることがあります。(もちろん、全ての子ではありませんが、「考えること」ができる子達の安定感のようなものと、モンテッソーリでいう「正常な状態」というものに、何か通じるものがあるように感じるのです。

ちなみに、著書の中にも紹介がありますが、本の帯にモンテッソーリ教育を受けた著名人として、「オバマ大統領、クリントン夫妻、ビル・ゲイツetc」と書かれていて、その他にも「アンネ・フランク、アマゾン・ドット・コムの創立者ジェフ・ベゾス、グーグルの共同創立者サーゲイ・ブリンとラリー・ページ、ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズ」などの名前も挙げられています。

読みやすい内容ですし、小さいお子さんがおられる方などは参考になることもあるかと思います。
ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「夢のスイッチ」 渡邉美樹著 | トップページ | 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47541402

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンテッソーリ教育を受けた子どもたち」 相良敦子著:

« 「夢のスイッチ」 渡邉美樹著 | トップページ | 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 »