« 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著 | トップページ | 「大逆転の中学受験国語」 山本ヒサオ'著 »

2010年2月25日 (木)

「育脳家族―家族みんなで頭が良くなる本」 久保田競・久保田カヨ子著

先日、書店で目に留まったのですが、他にも何冊か本を手にしており、また、このご夫妻がテレビなどで取り上げられて話題になっておられるということや、ここ何年かの流行の「脳」関連の教育書であるようだということなどから、一旦は書棚に戻しました。

ただ、やはり気になってもう一度ペラペラと中を見たとき、なんとなく「やっぱり読んでみようかな…」と思い、購入しました。

そして、結果的に読んでよかったなと。私はよい本だと思います。

このご夫妻の本を購入するのを躊躇ったもうひとつは、書店やネット書店で「0歳からの…」というような、赤ちゃん教育の本を何度か表紙だけ目にしていて、勝手に、最近流行の乳幼児からの英才教育のようなものなのだろうと勝手に思っていたのです。(そちらは読んでいないので、内容はよくわからないのですが。)

久保田先生の著書は少し前に「バカはなおせる」というものを読んだのですが、脳トレなどの効果について疑問を投げかけておられたり、印象に残ることがあったのと、テレビで話題になるって、一体世の親御さんたちは何を「いい」と思っておられるのか知っておくべきかと思って読んでみることにしたのですが、こういう子育て、自分自身の健康管理は、広まったらいいなぁと思えるような、そういう内容でした。

難しいことはほとんど書かれておらず、走ること、体を動かすことで頭はよくなるのだとか、小さい子どもは自然に触れることが大事であるとか、イメージ的には「昔の子育て」がいいよというような感じではあるのですが、それを脳科学などの研究結果と合わせて述べておられ、また、メインは久保田競先生が書いておられるのですが、それぞれの章で奥様のカヨ子さんも書いておられ、こういう子育ては今の時代の親御さんたちにも広く受け入れられるといいのになぁと思いながら読みました。

そして…最近どんどん脳が衰えているのは、長年全く運動をしていないせいもあるのかも…と思ったりしながら読みました。

とても読みやすい本ですし、私のような独身の人間にも参考になることが色々ありました。
ただ…本の帯にも中にも「子育てこそ、究極の脳トレ!」と書かれており、残念ながら、私は「究極の脳トレ」はできそうにないなぁと。

それにしても、お二人とも1932年のお生まれで、しかし、奥様のカヨ子さんは77歳で会社を立ち上げられたそうですし、競先生も40代から始められたジョギングを今でも続けておられるそうで、本当に脳もお体もお元気そのものという感じです。
そのお二人が書いておられる本ですから、参考になることも多いのではと思います。

|

« 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著 | トップページ | 「大逆転の中学受験国語」 山本ヒサオ'著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47636325

この記事へのトラックバック一覧です: 「育脳家族―家族みんなで頭が良くなる本」 久保田競・久保田カヨ子著:

« 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著 | トップページ | 「大逆転の中学受験国語」 山本ヒサオ'著 »