« 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 | トップページ | 「育脳家族―家族みんなで頭が良くなる本」 久保田競・久保田カヨ子著 »

2010年2月22日 (月)

「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著

比較的最近出版された新書のようだったのと、ちょっと気になるタイトルだったので読んでみました。
読んでみて、内容も特に違和感がなかったのですが、もともとは2005年に出版されたものの改定新装版だそうです。
最初に出版されたのは少し前になるのですね。

タイトルから、教育に関係があるのかなと思っていましたし、もちろん関係なくはないのですが、社員教育というような部分がメインというか、「できる大人」と「できない大人」ということについて書かれているものでした。

また、内容も企業などで「できる社員」が「できない社員」をなぜ育てられないのか、うまく育てるにはどうすればいいか、というようなことが中心になっています。

章立ては以下の通り

第1章 「できる人」が陥る三つの罠
第2章 「できる人」は、こうして組織をダメにする
第3章 「できる人」に知っておいてほしい「できない人」との違い
第4章 「できる人を育てる人」になるために
第5章 「できる人を育てる人」の技術
終章  「オン・ザ・ジョブ・コーチング」のススメ

個人的には3章までが割と興味深く読めました。(4章からは企業人として人を育てるということが中心になっているので、直接参考になることがなかったもので…。)

この仕事をしていても、例えば、昔から勉強がよくできた人はできない子が何がどうわからないのかがわからないというようなジレンマがあるというようなことがあるかと思いますが、この仕事に限らず、小さい頃から成功体験を数多く重ねてきた人と、成功できなかった体験を数多く重ねてきた人とでは、ものの感じ方、受け止め方などが異なるということ。

「できる人」はやる気を出させるつもりで取った言動が(本人はそれで実際にやる気が出るようなことであっても)、「できない人」にはプレッシャーになったり、かえって自信をなくしたりということもあるのだということなど、興味深く読みました。

ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 | トップページ | 「育脳家族―家族みんなで頭が良くなる本」 久保田競・久保田カヨ子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47636298

この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著:

« 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 | トップページ | 「育脳家族―家族みんなで頭が良くなる本」 久保田競・久保田カヨ子著 »