« 「モンテッソーリ教育を受けた子どもたち」 相良敦子著 | トップページ | 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著 »

2010年2月15日 (月)

「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著

以前にも横峯氏の著書を1冊読みましたが、テレビで取り上げられて以降、すごい反響があるようですね。
全国から視察の方が訪れたり、ヨコミネ式を導入している幼稚園や保育所などでは入園希望が殺到、片道1時間かけて通ってきたり、お父さんだけ単身赴任されたりというようなことまで起きてきているそうです。(著書に書かれています。)

私はテレビを見ていませんので、どのような紹介をされたのかわかりませんが、3~5歳の子ども達が計算や書き取りをし、鍵盤ハーモニカで何曲もの曲を演奏し、跳び箱や逆立ち、ブリッジなどを苦もなくやってのける、そんな姿を見たら、驚かれるだろうとは思います。

そして、横峯氏のお考え、子ども達に対する思いなどには共感できるところもたくさんあるのですが、それでもどこか少し不安を感じたりもします。

多分、横峯氏が直接関わっておられる子達は大丈夫なのだろうと思うのですが、ブームのようになって、それが加熱してしまうことによる弊害のようなものが気になるということがひとつ。

それと、もちろん、子ども達がそれぞれ自主的に楽しんでやっているということは本当なのだと思いますし、それで子ども達が驚くほど伸びていくというのも紛れもない事実なのだと思うのですが、3~5歳の時期に計算や書き取りをそこまでさせるべきなのかどうか、それも正直なところ、私にはわからないのです。

決められたことに沿って、持てる力をどんどん発揮し、伸びていくというのは、その時期の子達がすべきことなのかどうか、他にもっと大事なことはないのかというもやもやが少しあります。

もちろん、最近は小さい頃からお勉強をさせるところはたくさんありますし、私自身もそのひとつになるのだと思います。
ただ、横峯氏の暮らしておられる地域は自然に恵まれた環境でらっしゃるそうですから、そういう環境の中で日中は決められたカリキュラムに没頭していても、そこを離れるとすぐそこに自然があるということで、何かバランスが取れているのかもしれないとも思うのです。

同じことを身近に自然のない都会で導入した場合、本当に弊害は出ないのか、そんなことがちょっと気になっています。(そういう地域で導入されている園の方のお話も出ていて、同じように子ども達が伸びているということは書かれているので、単に私の杞憂なのだろうと思いますが。)

今回の著書は

「ヨコミネ式」をご家庭で取り入れられるようにということで、実際に使っておられる教材などが数多く紹介されています。
そして、確かにおうちでも取り組めることは色々あると思うのですが、「『読み・書き・計算』の教材」とタイトルにもある通り、教材としてはそれらに関するものだけですので、その部分だけをご家庭で「熱心に」取り入れてしまうと、やはりそれは何か弊害がでる可能性はないとは言えないような気がします。

小さいお子さんがおられる方には参考になることは色々あると思いますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「モンテッソーリ教育を受けた子どもたち」 相良敦子著 | トップページ | 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著 »

コメント

nonosuzu09さん、初めまして。
コメントありがとうございます。
そして、このつたないブログをいつも覗いてくださっているとのこと、
重ねてお礼申し上げます。

ブログ少し拝見しました。リンクまでして頂き、恐縮です。
お嬢さんがいらっしゃるんですね。
まだほんの少ししか読ませて頂いていないので、また覗かせて頂きます。

ヨコミネ式もですし、過去大流行した百マスもですが、色々なことをトータルで実践する(早寝早起き朝ごはんとか、そういうことも含めての実践であるとかいうような)ということであったり、身近に自然がたくさんある環境の子どもたちだったりという共通点があるように思います。

過去、百マスはそれだけが切り離され、あらゆるところで取りいれられたようですが、それだけ切り離しちゃだめなんだと思うんです…。
ヨコミネ式もなんだかそれと同じようなことが起こりはしないだろうかということが不安で…。
そうならないことを願うばかりです。

投稿: TOH | 2010年2月17日 (水) 00時50分

こんにちは。はじめまして。いつも読ませていただいています。

私も同じ事を心配しています。
横峯氏が直接関わっている子は、大丈夫かと思いますが、
これを安易に取り入れる事は危険なのではないかと…。

幼児期には幼児期に必要な「学び」があると思います。
そこを疎かにしないで欲しいと願うばかりです。

遅くなりましたが、私のブログにリンクを貼らせて頂きました。

先日ご紹介いただきました「落ちたっていいじゃん」を読んで
感動し、記事を書きました。

事後承諾で申し訳ありません。
これからも、更新楽しみにしています。

投稿: nonosuzu09 | 2010年2月16日 (火) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47577430

この記事へのトラックバック一覧です: 「『ヨコミネ式』天才づくりの教科書」 横峯吉文著 :

« 「モンテッソーリ教育を受けた子どもたち」 相良敦子著 | トップページ | 「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか」 吉田典生著 »