« 「ユニクロ思考術」 柳井正監修 | トップページ | 「下流大学が日本を滅ぼす!」 三浦展著 »

2010年1月21日 (木)

「こころのチキンスープ」 ジャック・キャンフィールド&マーク・V・ハンセン著

友人の出しているメルマガでこの本のことが取り上げられていて、ちょっと気になったので注文してみました。

1995年に出版された本のようですから、ご存知の方も多いかもしれません。
全米でベストセラーになり、その後、続編や関連の著書もたくさん出ているようです。

著書によると、「チキンスープ」というのはヨーロッパやアメリカでは、風邪を引いたり、体の具合が悪くなったりすると、お母さんやお祖母さんが早くよくなるようにとチキンスープをつくってくれるのだそうです。
日本で言えばおかゆかたまご酒か?そんな感じなのでしょうか?

内容は8章から成っていますが、全てが何かを感じる、考えさせられるような内容で、本の帯には「とげとげ、ぎすぎすのこんな時代だからこそ、いつもあなたのそばに置いて下さい。」とも書かれているように、読むとホッとしたり、元気になれたり、自分の考えを改めなくてはと思えたりするような内容です。

本当に色々なテーマで色々なエピソードが取り上げられていますので、人によって感動するもの、共感するものはそれぞれではないかと思いますが、私はもういきなりひとつ目の「子犬と男の子」というお話で思わず涙が…。(汗)

もちろん、中には特に何も感じないもの、共感しないものもあるにはありましたが、個人的には好きな本の部類に入ります。

気持ちが軽く、明るくなるような本ではないかと思いますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「ユニクロ思考術」 柳井正監修 | トップページ | 「下流大学が日本を滅ぼす!」 三浦展著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47294877

この記事へのトラックバック一覧です: 「こころのチキンスープ」 ジャック・キャンフィールド&マーク・V・ハンセン著:

« 「ユニクロ思考術」 柳井正監修 | トップページ | 「下流大学が日本を滅ぼす!」 三浦展著 »