« 「落ちたって、いいじゃん!」 金廣志著 | トップページ | 「ユニクロ思考術」 柳井正監修 »

2010年1月14日 (木)

「テレビは見てはいけない」 苫米地英人著

なかなかインパクトのあるタイトルと、新書の手軽さと、苫米地先生が書いておられるのとで、書店で手に取りました。

副題には「脱・奴隷の生き方」とも書かれており、タイトルはかなり極端ではありますが、内容としては「洗脳」に関することが中心で、最近のテレビでは知らず知らずのうちに特定の商品などに好印象を持つような仕組みが作られていたり、また、漫然とテレビを見ていることで、知らず知らずのうちに思想をコントロールされてしまう危険があったりなどということが書かれています。

ただ、著者は私のような人間からすると、想像を遥かに超えた「天才的能力の持ち主」でいらっしゃるので、この方にとってはきっと当たり前で自慢でもなんでもないことなのだろうと思いつつも、どうもすとんと落ち切らないところも感じます。

ただ、書かれていることはそれなりに納得できることでもあり、へぇ~そうなのかと思うこともあり、読んでみる価値はあるのではと思います。

ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「落ちたって、いいじゃん!」 金廣志著 | トップページ | 「ユニクロ思考術」 柳井正監修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47020906

この記事へのトラックバック一覧です: 「テレビは見てはいけない」 苫米地英人著:

« 「落ちたって、いいじゃん!」 金廣志著 | トップページ | 「ユニクロ思考術」 柳井正監修 »