« 「こころのチキンスープ」 ジャック・キャンフィールド&マーク・V・ハンセン著 | トップページ | 「なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?」 たむらけんじ著 »

2010年1月25日 (月)

「下流大学が日本を滅ぼす!」 三浦展著

以前、書店でタイトルが目に留まり、新書だったのでとりあえず買ってみましたが・・・。

著者の三浦氏は消費生活研究家、マーケティング・アナリスト、カルチャースタディーズ研究所主宰との紹介がされていますが、無知な私にはどれもどういうお仕事なのか今ひとつわかりません・・・。(汗)

内容は、あとがきに「私が日頃大学や教育について考えていることを語りおろしたものである。」と書いておられる通り、話し言葉で(それもややくだけた感じの)書かれており、読みやすいですが、「本」を読み慣れていると、話し言葉なので若干違和感があるかもしれません。

「下流大学」というのは、著者によると、「今や大学を選ばなければ誰もが大学生になれる時代なのだ。大学全入時代を迎え、学ぶ意欲や向上心の低い大学生が増えているのだ。本書ではそうした若者を生む大学を"下流大学"と呼ぶ。」とされています。

大学生だったのは遥か昔。更に高校生の指導はしたことがないため、大学受験にも長らく無縁の私には、最近のAO入試だとか推薦入試だとかがどんなものでどういう状況になっているのかもほとんどわからないのですが、この本を読む限り、うわぁ、すごいなぁ・・・という感じは受けます。

ただ、こういう本なので、極端な面を集めているところもあるのではと思いますし、もちろん、そういう学生がいるのは多分事実なんだろうとも思いますが、それが現在の大学生の中にどの程度の割合を占めているのかはわかりません。

ですが、著者が言っておられるように、誰でも望めば「大学生」になれる時代に「大卒」の学歴の価値がどれだけあるのか。
少なくとも、大卒であれば何大学を卒業したかということが重視されてくるであろうということは、きっとそうなんだろうなとは思います。

また、勉強する意欲がないのに大学に進む必要はないのではというところにも、基本的に賛成です。(私自身、服飾専門学校と大学で迷い、教員免許を取るという目的がなければ大学には進学していなかったと思いますので。)

やや極端な内容であるようには思いますが、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「こころのチキンスープ」 ジャック・キャンフィールド&マーク・V・ハンセン著 | トップページ | 「なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?」 たむらけんじ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/47294954

この記事へのトラックバック一覧です: 「下流大学が日本を滅ぼす!」 三浦展著:

« 「こころのチキンスープ」 ジャック・キャンフィールド&マーク・V・ハンセン著 | トップページ | 「なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?」 たむらけんじ著 »