« 「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ著 | トップページ | 「大事なことは先のばしにしなさい」 香山リカ著 »

2009年12月 7日 (月)

「脳に悪い7つの習慣」 林成之著

この本を注文した直後、お世話になっている先生がブログで紹介しておられまして、そちらにばっちり書かれているので、ご覧頂けたらと思うのですが、勝手にリンクしていいかどうかわからず…。(汗)(先生!よければお知らせください!(笑))

著者の林氏は脳神経外科のお医者さまでいらっしゃるようですが、著者紹介によりますと、「〇八年、北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について選手達に講義を行い、結果に大きく貢献する。」と書かれています。
皆さんも覚えておられることと思いますが、オリンピックで日本競泳陣が大活躍したときのことのようですね。

新書なのでとても読みやすいですし、参考になることも色々あるのではないかと思います。
また、「まえがき」の見出しがいきなり「『脳トレ』のゲームやドリルで脳を鍛えることはできない」という、思い切ったものになっているのですが、著者は長年、救命救急医療の最前線でお仕事をされてきた方だそうで、瀕死の状態の患者さんを救うために、いかに最高のパフォーマンスを発揮するかということを常に模索してこられたとも書かれています。

研究者としての研究というよりは、臨床の現場で目の前の患者さんの命を救うために…というシビアな状況の中で見出してこられたことをまとめられたものだそうですから、一読の価値はあるのではと思います。

私としては特に第5章の「脳に悪い習慣⑤ やりたくないのに、我慢して勉強する」というところが気になります。

精神論ではなく、脳の仕組みからみてこうだということが書かれていますので、ご興味のある方はどうぞ。(私もまた読み返してみなくてはと思いつつ……。)

|

« 「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ著 | トップページ | 「大事なことは先のばしにしなさい」 香山リカ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/46781946

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳に悪い7つの習慣」 林成之著:

« 「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ著 | トップページ | 「大事なことは先のばしにしなさい」 香山リカ著 »