« 「わが子の学力がグングン伸びるユダヤ式学習法」 坂本七郎著 | トップページ | 「脳に悪い7つの習慣」 林成之著 »

2009年12月 3日 (木)

「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ著

先日、「バッテリー」をまとめ読みしたりして以来、そういえば私、子どもの頃は物語とか読むの大好きだったんだよなぁと思い出しました。

「バッテリー」が角川から文庫化されており、1巻が「夏の100冊」のリストに入っていたこともあって、ほかにどんなものがあるのかなぁと眺めていて、数冊買った文庫のうちの1冊です。

初めて出版されたのは平成8年で、文庫化されたのも平成14年ですから、随分前のものなのですね。
私は社会人になってからほぼ全く小説の類を読まなくなっていたため、知りませんでした。

子ども向けにも出版されているようですが、この文庫も郡司さんが平易な言葉で盲導犬ベルナとご主人、息子の幹太くんとの日常をまとめられたもののようですので、本好きな子であれば、これをこのまま読むこともできそうです。

郡司さんはベーチェット病にかかられ、27歳で失明された方のようで、途中で視力を失われた方は生まれつきの方より更に困難が多いと聞いたこともありますが、この本を読む限り、とても穏やかで愛情にあふれた方のように感じました。

ついつい一晩で読んでしまいました。(しかし読み終えてからかなりの時間が経過していますが…。)
教室に置いておきますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「わが子の学力がグングン伸びるユダヤ式学習法」 坂本七郎著 | トップページ | 「脳に悪い7つの習慣」 林成之著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/45944783

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ著:

« 「わが子の学力がグングン伸びるユダヤ式学習法」 坂本七郎著 | トップページ | 「脳に悪い7つの習慣」 林成之著 »