« 「いのちの食べかた」 森達也著 | トップページ | 「数学の学び方・教え方」 遠山啓著 »

2009年7月16日 (木)

「夏の庭 The Friends」 湯本香樹実著

こちらも、「頭のいい子が育つ本棚」でお勧めに挙げられていた1冊です。
主人公の6年生の男の子たち3人が、友人の祖母が亡くなったことをきっかけに、「人の死」に興味を抱くようになります。そして、夏休み、町外れに暮らす一人の老人が「死ぬ瞬間」をこの目で見るために、老人の「観察」を始めるという物語です。

初めは何のつながりもなかった老人と、次第に交流を深めていく少年たち。
夏休みの間にさまざまなことを経験し、「もうじき死ぬんじゃないか」と言われていた老人はどんどん元気になっていく。
しかし、夏の終わりに・・・。

子どもたちが「死」ということを考えるきっかけになるということで紹介されていましたが、子ども向けとはいうものの、私自身、十分味わえる内容でした。

|

« 「いのちの食べかた」 森達也著 | トップページ | 「数学の学び方・教え方」 遠山啓著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/45379846

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏の庭 The Friends」 湯本香樹実著:

« 「いのちの食べかた」 森達也著 | トップページ | 「数学の学び方・教え方」 遠山啓著 »