« 「博士の愛した数式」 小川洋子著 | トップページ | 「未来いそっぷ 」 星新一著 »

2009年7月30日 (木)

「任天堂“驚き”を生む方程式」 井上理著

ネット書店のDMで紹介されており、なんとなく気になったので注文してみました。
届いた本を見ると、私にとってはやや分厚めの本で、教育関係の本でもないし、果たして読み切れるだろうか…と少し不安にもなったのですが…。

本の帯には「なぜ世界中が夢中になるのか?快進撃の秘密を解き明かす!」と書かれており、著者の井上氏は「日経ビジネスオンライン」の専属記者の方とのことで、任天堂の中の方ではなく、任天堂を外から見て書かれた本でした。

因みに私は、自分の性格上、ゲーム機を買ってしまうと際限なくのめりこんでしまう危険を感じるため、子どもの頃から今に至るまでずっと、ファミコンやポケットボーイなどの頃から今のWiiやDS、プレステなどに至るまで何も買ったことがありません。

ですので、任天堂の名前や、この数年来のWiiやDSの大流行などはなんとなく知ってはいても、実際どういう会社でどんなことをしているのかなどはほとんど知りませんでした。
しかし、この本は私にとって面白く、かなり一気に読み進められました。

そして、読み終わった後でWiiとDSが無性にほしくなりました。(汗)
ただ、買ったらますます仕事が進まなくなるのは目に見えているので、どうにか思いとどまりましたが。

Wiiを開発するにあたり、おうちでお母さんに嫌われないようにということを目指したというようなことが書かれていました。
そのために邪魔にならない大きさ、音がうるさくないことなどをとことん追求したそうです。
そのほかにもさまざまな開発に関わる話などが紹介されており、また、現在の社長の経歴、ドンキーコングやスーパーマリオの「生みの親」である宮本氏の話など、自分とは直接何の関係もないのですが、とても面白く読めました。

ご興味のある方はどうぞ。
思わずWiiやDSを買ってしまわれるかもしれませんが。(笑)

|

« 「博士の愛した数式」 小川洋子著 | トップページ | 「未来いそっぷ 」 星新一著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/45344215

この記事へのトラックバック一覧です: 「任天堂“驚き”を生む方程式」 井上理著:

« 「博士の愛した数式」 小川洋子著 | トップページ | 「未来いそっぷ 」 星新一著 »