« 「幸せを呼ぶスペース・クリアリング」 小島鳳豐著 | トップページ | 「任天堂“驚き”を生む方程式」 井上理著 »

2009年7月27日 (月)

「博士の愛した数式」 小川洋子著

普段、小説はあまり読まないのですが、バッテリーなどを注文したときにこちらも一緒に注文しました。本自体は前から知っていましたし、この作品が映画になったのも知っているのですが、結局これまで本を読むことも映画(DVDも含め)を見ることもありませんでした。

で、読み始めたのですが、はまりました。
映画の配役が「博士」が寺尾聡さんだったはず・・・ということぐらいしか知らないのですが、むしろその方がよかったのかなと思います。

数学者の「博士」は事故によって、事故以降の新しい出来事を記憶し続けることができなくなったという設定で始まるのですが、話の中に過去の偉大なる数学者の話も色々出てきますし、確かにこんな「博士」との出会いがあったら、子どもは数学が大好きになるかもしれないなぁと思いながら読みました。

全体に穏やかな空気が流れているような感じで、私にとってはとてもおもしろく読めました。

それにしても、こういう物語(フィクション)が書ける小説家の方って、本当に本当にすごいなぁと思います。

|

« 「幸せを呼ぶスペース・クリアリング」 小島鳳豐著 | トップページ | 「任天堂“驚き”を生む方程式」 井上理著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/45491258

この記事へのトラックバック一覧です: 「博士の愛した数式」 小川洋子著:

« 「幸せを呼ぶスペース・クリアリング」 小島鳳豐著 | トップページ | 「任天堂“驚き”を生む方程式」 井上理著 »