« 「スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則」 ハワード・ビーハー著 | トップページ | 「子どもは「話し方」で9割変わる」福田 健著 »

2009年5月28日 (木)

「No.1理論」

いつもお世話になっている先生のブログで紹介されていたので、手軽に読めそうだしということで読んでみました。

この本を読んだ時期に、なぜか集中して同じようなことが書かれている本に出会ったのですが(ジャンルや切り口、表現の仕方はそれぞれ少しずつ違うのですが、本質は同じことを言っているなと感じる本と立て続けに出会ったという感じで)、とても読みやすく、イメージの力の重要さなどについて書いてあります。

著者は「日本におけるイメージトレーニング研究・指導のパイオニア的存在」という紹介がされていますが、大脳生理学と心理学を利用して、脳の機能にアプローチするノウハウを開発されたとも書かれています。

どんな世界でも成功者の多くが根本的には同じことを言っておられるなと感じることが多く、それを見ても、イメージすることが重要だということに関してはほぼ間違いないのだろうと感じます。
これも、紹介できそうなら、またもう少しきちんと紹介できればと思いますが…。

|

« 「スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則」 ハワード・ビーハー著 | トップページ | 「子どもは「話し方」で9割変わる」福田 健著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/44588950

この記事へのトラックバック一覧です: 「No.1理論」:

« 「スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則」 ハワード・ビーハー著 | トップページ | 「子どもは「話し方」で9割変わる」福田 健著 »