« 「LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)」 上野一彦著 | トップページ | 「残り97%の脳の使い方」 苫米地英人著 »

2009年4月 9日 (木)

「中学受験テクニック」 嶋美貴著

しまった!!
更新したつもりが設定を間違えていて、非公開になっていました・・・。(大汗)
9日更新の分ですが、既に今日は13日だったりします・・・。(反省)

先日、書店で目に留まり、新書サイズで手軽に読めそうだったことと、帯に「中学受験専門のカリスマ塾長が本音で教える」と書かれていたこともあり、受験指導専門塾の方のお考えを読んでみようということで購入したのですが・・・。

「中学受験テクニック」 嶋美貴著 PHP研究所

評価 (私にはあまり必要ではなかったようです。。。)

著者の嶋先生は関西の中学受験の有名塾で長年理科チーフ講師を務められ、のちに中学受験指導専門FELIXに設立時より参画。現在、代表取締役社長兼塾長との紹介がされています。

本書の構成は以下の通りです。

第1章 中学受験に成功するお父さん、お母さん
第2章 いまどきの受験事情
第3章 やっぱり私立
第4章 子どものキャラクターからアプローチ
第5章 勝負は「算数」!
第6章 科目別の嶋式「傾向と対策」
第7章 学年別のアプローチ


私は嶋先生のことを全く存じませんし、当然何の恨みもありません。
そして、世の中には中学受験塾というものが存在し、そこに多くの子どもたちが通っていることもなんとなくわかっていますし、そこでの勉強が私が大学受験のときにしたよりハードに思えてならない(いや、間違いなくそうだと…)ことなども伝え聞きます。

中学受験指導をされている方は当然中学受験はいいことだと思っておられるから、それを指導しておられるに違いなく、もし私が中学受験を経験していたら、私も「中学受験は是非すべき」という立場だったかもしれませんので、反論するつもりも批判するつもりもありません。

ただ、私にはあまり必要な本ではなかったなと、ただそれだけと言いますか…。

以前、東京個別指導学院の方が書かれた本や、SAPIXさんについて書かれた本なども読みましたが、そして、それはまあ当然のことだとも思うのですが、皆さん、つまるところ、ご自分のところの指導がいかに優れているかということを書いておられるという印象になってしまって、お金を払って本を買って、宣伝を読むというのはなんとも微妙な気持ちになると言いますか…。

あ、もちろん、これはあくまでも私の印象であって、本の内容がどうのとか、宣伝するのはおかしいとか、そういうことを言っているのではありません。

中学受験をいわゆる有名受験塾でとお考えの保護者の方にはきっと参考になるのかもなと思いますが、私にはなんとも・・・。

|

« 「LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)」 上野一彦著 | トップページ | 「残り97%の脳の使い方」 苫米地英人著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/44082950

この記事へのトラックバック一覧です: 「中学受験テクニック」 嶋美貴著:

« 「LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)」 上野一彦著 | トップページ | 「残り97%の脳の使い方」 苫米地英人著 »