« 「新宿駅最後の小さなお店ベルク」 井野朋也著 | トップページ | 「LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)」 上野一彦著 »

2009年3月30日 (月)

「やる気のスイッチ!」 山﨑拓巳著

この本は以前書店で平積みされているのが目に留まり、可愛い本だなとは思ったのですが、これまで読んだ本とかぶるところがありそうな気配だったので購入しませんでした。
すると・・・なんと!教室の小6の子が「これ読む?」と貸してくれました・・・。(汗)

「やる気のスイッチ!」  山﨑拓巳著 サンクチュアリ出版

評価 ★★★★

さすがに小、中学生が読む本ではないような気がしますが(読んではいけないという意味ではなく、ぴんと来ないのでは?という意味で)、極めて読みやすく、恐らく読み慣れた方なら立ち読みで読了可能なのでは?と。
文字自体は小さめなのですが、余白たっぷり。最初と最後には外国の写真もたくさん使われており、気軽に、手軽に読める本という感じですね。

どんな風にしてやる気を出すか、どんな風にして目標を実現するかなど、「スイッチ」と名づけて、全部で34の「スイッチ」が紹介されています。
そして、スイッチに入る前のプロローグに

「この方法は、ぼくが考え出したものじゃない。
 いろんなところから受け取った知識と知恵を、自分なりに解釈し、何度も
 何度も試してみて、本当に使えると確信したものだけをまとめたものだ。」

と書かれており、また、参考文献として8冊の著書が紹介されてもいるのですが、私はその8冊のうち2冊は実際に読み、他の3冊の本の著者は別の著書を読んだことがあり、そのせいかと思いますが、読んだことあるなとか、同じこと言ってたなとか思うところだらけで、正直なところ新鮮さはありませんでした。

ただ、内容自体はそうなんだろうなとか、確かにそうだとか、共感、納得できるところが多く、また、恐らく挙げておられる8冊の本から著者がエッセンスをピックアップして、更にご自身で実践されてまとめておられるのだどすれば、忙しい方、どれから読もう?と思っている方などにはオススメなのではと思います。

個人的には、参考文献として挙げられていないものでも、同じことを言っておられるなと思うものを何冊も読んだことがあるなと。
ここ最近何度も「無意識(潜在意識)」、「コンフォートゾーン」などの言葉に出会っているなと・・・。

そういえば、ひとつだけ。
「SWITCH15」に「ほめる効果」というのがあるのですが、そこにこんなことが書かれていました。

(前略)そんな風に人をほめることで、相手はきっと喜んでくれる。
でも、それ以上に、実はあなたを喜ばせているらしい。

なぜなら、人間の脳には「主語を認識せずに処理する」という
特徴があるから。
「Aさんはすごい」「Bさんはすばらしい」
といったときに、あなたの脳は
「わたしはすごい」「わたしはすばらしい」
という処理をしている。(
後略)

と書かれているのですが、これは本当なんだろうか?とそれは疑問を感じました。
だって・・・私なんて、毎日毎日子どもたちに「すごいなぁ~」「天才やなぁ~」「やるなぁ~」「賢いなぁ~」と、そんな言葉を連発していますが、脳が自分のこととして処理しているような気配は・・・。(汗)

まあ、人を褒めるとお互い気持ちよくいられるということには異論はありませんから、私の脳がどう感じていようといいんですけど。(笑)

|

« 「新宿駅最後の小さなお店ベルク」 井野朋也著 | トップページ | 「LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)」 上野一彦著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/44407244

この記事へのトラックバック一覧です: 「やる気のスイッチ!」 山﨑拓巳著:

« 「新宿駅最後の小さなお店ベルク」 井野朋也著 | トップページ | 「LD(学習障害)とディスレクシア(読み書き障害)」 上野一彦著 »