« 「世界最大の虫食い算」 安福良直著 | トップページ | 「単位換算定規+単位換算プリント 小学校1~6年 勉強ひみつ道具 プリ具 第1弾 」 »

2009年2月16日 (月)

「君と会えたから……」  喜多川泰著

さくら個別の國立先生が以前紹介されていてなんとなく記憶に残っていて、ほかの本を注文するときに注文してみました。

「君と会えたから……」  喜多川泰著 ディスカヴァー

評価 ★★★★ (中学生、高校生などに特にオススメでしょうか。)

著者の喜多川氏は塾を経営されている方だというのが印象に残ったのですが、著者紹介を一部引用してご紹介しますと…

東京学芸大学卒業後、塾を経営。高校生を中心に英語を教える一方で、授業に取り入れるべく自己啓発の研究を続ける。ひとりでも多くの若者に素晴らしい人生を送ってもらうためにできることはないかと執筆活動を開始。

既に何冊も著書を出されているようですが、こちらは2006年7月に出版されたようです。
小説仕立てになっているのですが、著者紹介にあるとおり、「若者に素晴らしい人生を送ってもらうため」の本だなと思います。

自己啓発系の本は世にたくさんありますが、中学生向けや高校生向けのものというと、そう多くないのではと思います。
また、その年代の子が大人向けに書かれた自己啓発系の本を読んだとしても、自分たちにうまく当てはめることができるか、共感することができるかということなど、難しいところもあるかと思います。
そういう意味でも、こちらは小説を読んでいるような感覚で読み進められ、しかし、その中で若者たち(子どもたち)が何かを考え、何かに気づいていけるような、そんな内容になっているのではないかと思います。

主人公の男の子は高校3年生で自分の進路について悩んでいる夏休みに、同い年の女の子と出会うところから話が展開していくのですが、大人の私が読んでも十分いい本だと思いました。(私の精神年齢がまだ高校生レベルだとかいう話かもしれませんが・・・。(汗))

小説仕立てになっているので、あまり内容に触れるとネタバレになってしまうかと思いますし、詳しくは書きませんが、将来についてやこれからの進路について迷ったり悩んだりしている若者には特にオススメできるのではないかと思います。

|

« 「世界最大の虫食い算」 安福良直著 | トップページ | 「単位換算定規+単位換算プリント 小学校1~6年 勉強ひみつ道具 プリ具 第1弾 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/43864789

この記事へのトラックバック一覧です: 「君と会えたから……」  喜多川泰著:

« 「世界最大の虫食い算」 安福良直著 | トップページ | 「単位換算定規+単位換算プリント 小学校1~6年 勉強ひみつ道具 プリ具 第1弾 」 »