« 「君と会えたから……」  喜多川泰著 | トップページ | 「京大芸人」  菅広文著 »

2009年2月23日 (月)

「単位換算定規+単位換算プリント 小学校1~6年 勉強ひみつ道具 プリ具 第1弾 」

これは書籍とは言わないかと思いますが、ネットで見つけて気になったので注文。
その後、書店の店頭にもたくさん置かれているのを見ました。

「単位換算定規+単位換算プリント 小学校1~6年 勉強ひみつ道具 プリ具 第1弾 」 
eduコミユニケーションMOOK プリ具 1

評価 ★★★☆

「プリ具」というのは「プリント」+「道具」ということだそうで、パッケージにはこう書かれています。

具体物で
たしかめながら学ぶと、
理解が飛躍的に早くなる!

今後、シリーズで第2弾、第3弾と続くような気配ですが(第2弾は既に予約受付開始しているようですし)、パッケージには「朝倉仁先生がつくられた」とも書かれています。

第1弾は「単位換算」で、「単位換算定規」と単位換算のドリル(プリントではなく、冊子になっています。)がセットになっています。

ドリルについては、1年から6年までとなっており、長さ・重さ・かさ・小数・分数・補助単位・面積・体積などがひと通り扱われています。
ただ、問題のページは90ページ弱で、その中でそれだけの内容を扱っていますので、ひとつひとつの問題数は限られています。

単位換算定規は上から3行目の数字の部分が左右にスライドできるようになっており、換算したい単位を見比べるようにして使うようです。

朝倉先生の著書を以前読ませて頂き、この先生が素晴らしい先生であろうことはわかっていますし、この定規やドリルももしかしたら効果があるのかもしれませんが、個人的にはあまり好きではないかなと。。。

定規に頼って、換算のたびに見ていたら、考えなくなりはしないんだろうか?と思ったりもします。
まあ、もちろん、何度もやっていれば、自然と身に付いてくるということなのかもしれませんが。

ただ、単位換算が苦手な子は結構多いと思うので、ご家庭で宿題などの際にどうすればいいかしら・・・と悩んでおられるような場合には役に立つのではと思います。
教室にも置いておきますので、ご興味のある方はご覧ください。

|

« 「君と会えたから……」  喜多川泰著 | トップページ | 「京大芸人」  菅広文著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/44082685

この記事へのトラックバック一覧です: 「単位換算定規+単位換算プリント 小学校1~6年 勉強ひみつ道具 プリ具 第1弾 」:

« 「君と会えたから……」  喜多川泰著 | トップページ | 「京大芸人」  菅広文著 »