« 「日本の教師に伝えたいこと」 大村はま著 ちくま学芸文庫 | トップページ | 「心からのごめんなさいへ」 品川裕香著 »

2009年1月26日 (月)

「お母さんと一緒にお料理で学ぶ小学算数」  大嶋秀樹著

ある有名な教育系メルマガで紹介されていて、なんとなく気になるタイトルだったので注文してみたのですが・・・。

「お母さんと一緒にお料理で学ぶ小学算数」 大嶋秀樹著 実業之日本社

評価 ★★★☆

B5サイズで、100ページ弱、カラーで写真やイラストもたくさん使った「お料理しながら算数のお勉強をしよう」という趣旨の本のようです。

本の表紙には「算数はキッチンで教えられます!」と書かれており、また、帯には

「料理が好きな子は算数も大好き」
カリスマ先生の大好評シリーズ第5弾!
親子で料理をしながら算数問題に挑戦。
見ちがえるほど集中力と成績がアップ。

とも書かれています。

著者の大嶋先生は東京都江戸川区で1998年に「マップ教育センター」を設立開校し、今日に至っておられるとの紹介がされています。
この本のほかにも「一番わかりやすいシリーズ」というものを4冊出しておられるようです。

料理を通じて、かさや重さ、分数などの学習の基礎を作ることができるということは、私も全く異論のないところなのですが、しかし、この本は個人的には正直どうなんだろうなと・・・。

クッキーやサンドイッチ、ピザ、たこ焼きなど、子どもでもできそうなメニューを中心に、後半に進むとハンバーグやコロッケなど、やや難易度の上がるメニューも登場します。
もちろん、「親子で」となっているので、子どもがひとりで作ることを求めているわけではありませんから、多少難しくてもそれ自体は問題ないかと思います。

ただ、クッキーを作ったら繰り上がりや掛け算の勉強、サンドイッチを作ったら面積や体積、角度の勉強、ピザを作ったら分数の勉強、手巻き寿司で場合の数の勉強・・・とメニューのあとには必ず、そのメニューを使って何か算数の勉強をするようになっています。

もちろん、そういう目的で書かれた本なのですから当然のことなのですが、もし私が子どもだったらどう思うのかなぁと。

「お料理しようか?」とお母さん(お父さん)に声をかけられ、一緒に楽しく料理をして、さて後は食べるだけ!と思ったら、「ちょっと待ってね。ピザを4人で分けたら、何分の1になる?」なんてことが始まったら・・・・・・。
私だったらだんだん、一緒に料理するのがイヤになるんじゃないかなと・・・。(あくまでも私が子どもだったらということですが。)

料理の経験には、後に算数に役立つ要素がたくさん含まれていることはわかりますし(というか、むしろ、算数の勉強の中に実生活で役立つものが含まれていると考えるべきかもしれませんが。)、親子で料理をすることも楽しくていいだろうなとも思います。
ただ、親子で料理をして、それに「明確な算数のお勉強」が付いてくるというのはどうなのかなと。

この本を子どもさんが見て、「わあ、楽しそう!」と思われるようなら、きっと大いに役立つだろうと思いますが、お料理に興味がないとか、お料理は好きだけどそれに算数がセットになるんだったらイヤとか、そういうお子さんにはどうかなと。

教室にも置いてありますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「日本の教師に伝えたいこと」 大村はま著 ちくま学芸文庫 | トップページ | 「心からのごめんなさいへ」 品川裕香著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/43864601

この記事へのトラックバック一覧です: 「お母さんと一緒にお料理で学ぶ小学算数」  大嶋秀樹著:

« 「日本の教師に伝えたいこと」 大村はま著 ちくま学芸文庫 | トップページ | 「心からのごめんなさいへ」 品川裕香著 »