« 「奇跡のリンゴ」 石川拓治著 | トップページ | 「涙の数だけ大きくなれる!」  木下晴弘著 »

2008年12月26日 (金)

「活用力をつける!―変わる学力 算数国語」 坪田耕三監修

以前、坪田先生の本を読み、とても興味が湧いたのでネット検索をしていたら見つけました。
購入したのは半年ほど前になるかもしれません・・・。

「活用力をつける!変わる学力 算数国語  坪田耕三監修 学研

評価 ★★★

坪田先生の「ハンズ・オン・マス」の実践は素晴らしいものだと感じましたので、坪田先生監修の問題集はどんなものなのだろうと注文してみました。

小学校高学年対応となっており、また、表紙には「文科省の全国学力テストでは『活用』する力が測られました。」とも書かれています。

国語と算数の問題集ということになるのだと思いますし、本の帯には「知識をつけた後に求められるのは、それを『活用』する力です。」とも書かれていますので、基本的なことができる子を対象に作られているということかもしれません。
そう考えれば、このような内容になるのかなと思いますが、子ども自身が読んで取り組むにはややハードルが高いのではという印象があります。(中学受験をするために勉強をしているとか、文章を読むのが苦にならないとか、そういう子であれば大丈夫だと思いますが。)

説明の文章が結構しっかり書かれているので、自分で読んで理解できる子はいいと思うのですが、読みなれていない子はちょっとキビシイかなという印象です。
あと、紙質が少し厚手のつるっとした紙なので、直接書き込む際には子どもたちは感触があまり好きではないかもしれません。

これを参考に、おうちの方が問題を出しつつ一緒に取り組まれるなどするのであれば、いいのかなと思ったりもします。

これはあくまでも個人的感覚ですので、案外、高学年の子であればすんなり取り組む子も多いのかもしれませんが、購入される際には、まず中をご覧になってからの方がいいだろうと思います。

|

« 「奇跡のリンゴ」 石川拓治著 | トップページ | 「涙の数だけ大きくなれる!」  木下晴弘著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/43534881

この記事へのトラックバック一覧です: 「活用力をつける!―変わる学力 算数国語」 坪田耕三監修:

« 「奇跡のリンゴ」 石川拓治著 | トップページ | 「涙の数だけ大きくなれる!」  木下晴弘著 »