« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

「涙の数だけ大きくなれる!」  木下晴弘著

表紙は以前に書店で見たことがあったのですが、今は読まなくてもいいかなと思って購入していなかったのですが(何しろ、未読書がすごいことになっていますし・・・)知人からいい本だったと教えてもらい、読んでみることにしました。

「涙の数だけ大きくなれる!」  木下晴弘著 フォレスト出版

評価 ★★★★

著者の木下氏は、もともと大手進学塾の専任講師のご経験がおありで、「生徒からの支持率95%以上という驚異的な成績を誇り、多くの生徒を灘高校をはじめとする超難関校合格へと導く。」という紹介がされています。

表紙には「明日を生きる『自分へのメッセージ』」と書かれていますが、ジャンルとすれば自己啓発系ということになるのかなと思います。

本自体は、自己啓発系の本によくある、行間がゆったり、集中すればあっという間に読み終わるという感じのものですが、知人が勧めてくれただけあって、感動の内容もかなりありました。(ただまぁ、こういう類の本をあれこれ読んでいる方には新鮮味はあまりないかもしれませんが・・・。)

5章構成になっており、全部で10のエピソードが紹介されています。それぞれの章は以下の通り。

第1章 仕事がイヤになったら……
第2章 仕事がつまらなくなったら……
第3章 人間関係に悩んだら……
第4章 あなたにできることは何か?
第5章 あなたが大きくなるために……

また「はじめに」にこんなことが書かれています。

(前略)塾の講師というのも、実際には人気商売で、生徒からの支持が給料に直結する厳しい世界です。そのため、講師もテクニックを磨いています。
 しかし、生徒たちはテクニックだけではやる気を起こしてくれませんでした。テクニックよりも大事なもの、それは「心を動かす」ことだったのです。
 そのことに気づいてから、私は授業のたびに生徒たちにいろいろな話をしてきました。(中略)そうした話に心を動かされた生徒は、もう何も言わなくても勉強し、みな第一志望校へ合格していきました。(後略)

どのエピソードもいいお話ですが、個人的に「あるレジ打ちの女性」「ある生徒の高校受験」「『ミラー細胞』と佐賀北高校」などが特に好きです。

ボリューム的に書店で立ち読みも可能ではあると思うのですが、私のように涙腺がゆるい方は危険かと思われます。
ご興味のある方はどうぞ。(塾関係者の方にも結構オススメかもしれません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

「活用力をつける!―変わる学力 算数国語」 坪田耕三監修

以前、坪田先生の本を読み、とても興味が湧いたのでネット検索をしていたら見つけました。
購入したのは半年ほど前になるかもしれません・・・。

「活用力をつける!変わる学力 算数国語  坪田耕三監修 学研

評価 ★★★

坪田先生の「ハンズ・オン・マス」の実践は素晴らしいものだと感じましたので、坪田先生監修の問題集はどんなものなのだろうと注文してみました。

小学校高学年対応となっており、また、表紙には「文科省の全国学力テストでは『活用』する力が測られました。」とも書かれています。

国語と算数の問題集ということになるのだと思いますし、本の帯には「知識をつけた後に求められるのは、それを『活用』する力です。」とも書かれていますので、基本的なことができる子を対象に作られているということかもしれません。
そう考えれば、このような内容になるのかなと思いますが、子ども自身が読んで取り組むにはややハードルが高いのではという印象があります。(中学受験をするために勉強をしているとか、文章を読むのが苦にならないとか、そういう子であれば大丈夫だと思いますが。)

説明の文章が結構しっかり書かれているので、自分で読んで理解できる子はいいと思うのですが、読みなれていない子はちょっとキビシイかなという印象です。
あと、紙質が少し厚手のつるっとした紙なので、直接書き込む際には子どもたちは感触があまり好きではないかもしれません。

これを参考に、おうちの方が問題を出しつつ一緒に取り組まれるなどするのであれば、いいのかなと思ったりもします。

これはあくまでも個人的感覚ですので、案外、高学年の子であればすんなり取り組む子も多いのかもしれませんが、購入される際には、まず中をご覧になってからの方がいいだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

「奇跡のリンゴ」 石川拓治著

結局、バタバタし続けていて、ゆっくりご紹介できそうにありません・・・。
申し訳ありません。

「奇跡のリンゴ 『絶対不可能』を覆した農家 木村秋則の記録 

石川拓治著 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班監修 幻冬舎

評価 ★★★★★

もともとは、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で2006年12月7日に放送されたようですが、そのときの反響が大きく、また、番組内では木村さんの挑戦の全てを紹介することもできず、その後、著者の石川氏による新たな取材が大幅に加えられ、この本が誕生したそうです。

私は番組を見ていませんので、ただ純粋にこの本だけを読んで、言葉に言い表せないものを感じたのですが、もし番組を見ておられた方でも、きっと読む価値は十分あるのではと思います。

詳しいことを書くとネタバレになりそうですし、かといって短くまとめてしまえば、ただ単に、木村さんという一人の男性が、絶対不可能と言われていた「リンゴの無農薬栽培」に成功したというだけのことでもあるのです。

しかし、これを読みながら、何度も涙し、何度も考えさせられ、そして、何度も感動しました。
農業に全く縁のない方でも、きっと何か感じるものがあると思います。

まさに「命がけ」で取り組まれたといえばそうでもありますし、かといって、きっと、世のため人のため!なんていう崇高な思いというより(もちろんその思いもお持ちだったと思いますが)、何かに夢中になるととことんやってしまう、途中であとには引けない、そんな木村さんの性格によるところもあるのかなと感じます。

ただ、なんというか、あるタイミングごとに、まるで神様が仕組んでおられるかのように、小さなきっかけが訪れ、読み進むほどに、きっとこの方はこれをするために生まれてこられたのかもなと、そんな風にさえ思えてきました。

「無農薬」で育てるために、「何もしない」という風に表現されることもあるようですが、自然のままのいい状態を保つために、農薬を使う以上に手間をかけておられ、とにかくただただ感動(というのかどうか、うまく表現できないのですが・・・)しました。

木村さんが全霊を傾けたのはリンゴの木ですが、このお話はどこか、子どもの教育にも重なるところがあるように思えたのは私だけでしょうか。

オススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

すみません…。

木曜か金曜にはなんとか更新をしてきていたのですが(まあ、ときどきごまかしてますけど…(汗))、このところ慢性的にバタバタしていて、おまけに朝全然起きられなくて、数日連続で23時を回っての帰宅。(0時前の帰宅も2日…。)

そんなこんなで、是非ご紹介したい本は一応読み終わっているのですが、時間と体力が…。

この調子だと、年内は極めて適当な更新になってしまうかもしれませんが、何卒ご容赦を…。
先日、かなりはまって一気に読んだ、是非ご紹介したい本が「奇跡のリンゴ」
そして、お知り合いにいい本だったと教えて頂いて、昨日お布団の中で一気読みしたのが(そんなことしてるからまた起きられないのですが…)「涙の数だけ大きくなれる!」

個人的には「奇跡のリンゴ」の方がよりお勧めですが、どちらもとてもいい本だと思います。
また改めてご紹介させて頂く予定です。
しかし…未読書は恐らく30冊を超えているのでは…という今日この頃です…。(大汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

「子どもの場所から」 小沢牧子著

以前、いつも大変お世話になっている先生がブログで紹介しておられ、早速注文して読んでみたのですが、読み終わるのにも時間がかかり、ご紹介までにも時間が・・・。(汗)

「子どもの場所から」  小沢牧子著 小澤昔ばなし研究所

評価 ★★★★★

この本の紹介は、既にその先生がしっかりバッチリされているので、私がするまでもないと思いつつ、ブログがあまりオープンになることを好まれない先生でもあるので、無断でリンクするのもなぁと・・・。

というわけで、簡単にご紹介を。

正直なところ、発行元の「小澤昔ばなし研究所」というお名前自体初めて見ましたし、残念ながら書店で飛ぶように売れてベストセラーになる類の本ではないのだと思います。
実際、装丁もかなり控えめですから、書店で仮に目に留まったとしても、手に取ってみようと思われる方は限られているのではと・・・。

だから尚更ご紹介せねば!という感じなわけですが、子どもに関わる大人の方は、特に親御さんや教育関係者は是非読んでみて頂きたいなと感じた1冊です。

まず、本の帯(これもまた非常に控えめなのですが・・・)にはこんな言葉が書かれています。

今どき親をやるのは苦労というが
子どもをやるのもラクではない。

著者の小沢氏は北海道のお生まれで、大学と研究機関で心理学を学ばれ、教育相談の仕事に携わられる中で、心理学の理論と実践に疑問を抱かれたそうです。その後、臨床心理学の点検と批判、子ども・学校問題を中心に、大学や大学院で非常勤講師などもつとめられたという紹介がされています。

大人で、既にお二人の息子さんも成人され、お孫さんもおられるという著者が、こんなにも子どもに寄り添って、子どもの目線でものを見、子どもにとって大切なことを教えてくださっているのがすごいなと感じます。

子どもの目線、子どもの立場で考えておられるものの、単なる大人批判とかではなく、現代の「お母さん」たちのおかれている状況などもしっかり踏まえ、その上で、とても大切なことを書いてくださっているように思います。

もちろん、人の考え方、価値観はそれぞれ違いますし、子育てにこれが絶対正解というものもないのかもしれませんので、これを読まれても人それぞれ感じ方、受け止め方は異なるでしょう。

ただ、若い世代は既に自分達がもう経験していないようなこと、忘れ去ってしまっているようなことに気づかせてもらえたり、思い出させてもらえたりすることがあるのではと思います。
そして、子どもたちの未来のために、私たち大人が今考えなければならないこと、そんな大切なことも書かれているように思います。

一度是非読んでみて頂きたい1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

「誰が学校を変えるのか」 藤原和博著

なかなか本を読む時間も、ゆっくりご紹介する時間も取れないままに師走もどんどん過ぎていっています・・・。(汗)
ただ、いついつになったら余裕ができるとかいう類のものでもないような気がしてきていますので、この紹介のスタイルももう少し簡略化させて頂くことになるかもしれません。
ただ、これは自分が本を読み続けるためにも続けていきたいとは思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。

「誰が学校を変えるのか 公教育の未来 

藤原和博著 ちくま文庫

評価 ★★★★

ネット書店で目に留まったので注文。
藤原氏の本は以前にも購入したのですが、分厚くて実はまだ未読書に埋もれたまま・・・。ただ、ニュースなどで聞く話などで、校長先生が変わるとこんなにも学校が変わるんだなぁと感心もしました。(それで未読になってしまっている本を注文したのですが・・・。)
ただ、杉並区で校長をなさっていたときに、某大手塾を学校に招き入れたあたりで、なんとなく自分の中ですっきりしないものがあり、どこかがっかりした感覚もありました。
ただ、何か気になるタイトルでもあり、文庫でもあったので、ちょっと読んでみることにしました。

こちらの本は、ベネッセコーポレーションより刊行された「公教育の未来」(2005年5月)に加筆修正したものだそうです。
構成は以下の通り。

第一章 誰が学校を無力化したのか
第二章 学校の真実――解かれなければならない六つの誤解
第三章 教師の真実――さらに、解かれなければならない六つの誤解
第四章 もう一度、いかに学校に力を与えるか
第五章 地域本部づくりには経済効果がある
第六章 ナナメの関係を復興せよ
終章  「パワーゲーム社会」から「クレジットゲーム社会」へ

私自身、もともとは教員志望だったので、大学を卒業してそのまま教職の道を選択することも可能ではありました。(試験に通らなくても非常勤などでもよければ、現場で働くことは多分可能だったと思いますし。)
ただ、あのタイミングで、社会に出ずして学校に入ってしまい、日々の忙しさに紛れてしまったら、私はもちろんのこと、どんなに素晴らしい先生でも、学校という閉じた世界の中のこと以外ほとんどわからなくなってしまっても不思議なことではないだろうなと思っています。

そういう意味で、藤原氏は民間企業から校長になられた方ですから、民間の視点から学校を冷静に見ることができ、学校の中では当たり前になっていることでも違和感を感じたり、元民間人だからこそ、学校の先生方の扱われ方の問題を感じることができ・・・と、そういうことを感じました。

民間が全ていいなんてことは思いませんし、医療と教育の世界は公的に守られるべきものという考え方もわからないではありません。
ただ、学校を「閉じた社会」のままにしていては、やはり問題は解決しないだろうなとも思います。

そういう意味では、藤原氏が実践された「よのなか科」という授業の試みはとても興味深いものですし、また、地域本部というものを設置し、学校に地域の方を招きいれてしまったことも、やはり興味深いものでした。

子を持つ親御さん、教員の皆さん、広く大人の方々に、一度読んでみて頂きたいなと、いい悪いは人それぞれ受け止め方が違うと思いますが、子どもたちの未来のためにも多くの方が公教育のあり方を考えるきっかけになるのではと思う、そんな内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

「『育てにくい子』と感じたときに読む本」 佐々木正美著

今日は出勤しなかったので、読み終えた本が自宅になく、今ほぼ読み終わりつつあるこちらのご紹介です。

「『育てにくい子』と感じたときに読む本 悩み多き年齢を上手に乗り越えるためのアドバイス  

佐々木正美著 主婦の友社

評価 ★★★★☆

佐々木正美先生といえば、もう恐らく3年ぐらい前にこのブログを見てくださった方が「子どもへのまなざし」という本がとても素晴らしいから是非読んでここで紹介してもらえたらと教えてくださり、本自体はその後すぐ購入したのですが、かなりボリュームがあり、分厚い本が苦手な私は(といっても、私にとって分厚いだけで、多分普通の方には少しボリュームがあるという程度なのかもしれませんが・・・)読み始めたものの、なかなか進まず、ついついほかの本を先に読んでということになり、未だに最初のほうを読みかけたままで止まっています。
それはちゃんと頭にはあったのですが、この本のタイトルが気になり、ベストセラーであるらしい「子どもへのまなざし」を読み終えてもいないのに、こちらを読み始めてしまいました。

この本は、雑誌「Como」の記事に加筆修正を加えたものだそうです。
5章と最後にQ&Aのページとで構成されており、それぞれの章では初めに佐々木先生のお考えが書かれ、2章から5章はその後、子を持つ親御さんからのご相談に先生がお答えになるという形でまとめられています。

佐々木先生は児童精神科医をなさっておられるそうですが、とにかく本当に子どもたちへの愛情、そして親御さんたちへの愛情が文からもあふれ出しているのを感じます。
きっと、この方は周囲の方をホッとさせ、癒し、優しい気持ちにできる方なのだろうなと、文章を読んだだけでも感じます。

本の初めにこんな言葉が書かれています。

手のかからない子がいい子だなんて
そんなの大きなまちがいですよ。
人生のどこかで、
親は子どもにたっぷり手をかける必要があるんです。
小さいころに手をかけさせてくれる子が
本当はとてもいい子なんです。

親御さんの悩みに答えられているところも、小さいお子さんをお持ちの方は同じようなことで悩んでおられる方が少なからずおられるのではと思う内容が多く、また、そのアドバイスが子どもにとってとても優しいまなざしで答えられており、かといって、親御さんのお気持ちもしっかり汲んで、本当にあたたかいお答えをされています。

一人っ子や2人兄弟、姉妹が増えている上、昔のように近所の子どもたちと集まって外で遊ぶという機会も少なくなっている今日の状況を考えると、この本を読まれることで気持ちが楽になられたり、救われたり、また、ハッとされる親御さんは多いのではないだろうかと思います。

印象に残るところも多いのですが、中でも、先生は、兄弟がいればまず上の子を優先してあげなさいとおっしゃっているのが印象的です。
子育ての経験はありませんが、私が読んでもハッとしましたし、確かにそうかもしれないと思ったりしました。

穏やかで優しい気持ちになれる本だと思います。
ご興味のある方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

「考える力を育てる天才ドリル 点描写神童レベル」

最近、まともに読み物系のご紹介ができておらず気になっていますが、今日も時間が・・・。
とりあえず読み終わっている本も2、3冊はあるのですが、きちんと紹介したい本だと落ち着いて時間が取れないとなかなか・・・。
というわけで、今日は最近買ったこちらのご紹介です。

「天才ドリル 立体図形が得意になる点描写【神童レベル】」

認知工学編 ディスカヴァー

評価 ★★★★

このシリーズは、「天才ドリル」「名作ドリル(認知工学)」「強育ドリル(宮本哲也)」「算数ドリル(栗田哲也)」(あら・・・宮本先生と栗田先生、字まで同じお名前なのですね・・・)など、色々出されていますね。

こちらの「点描写」も既に以前に1冊目が出ていますが、そちらは書店でパラパラッと見ただけで購入はしませんでした。
しかし、「神童レベル」というのはどんなものなんだろう?と今回は他の本を頼むついでもあり、注文してみました。

もともと、点描写自体に色々な効果があることは知っていますので、どんな図であれ、点描写に取り組むことは何らかの効果があるとは思います。

その上で、こちらのドリルを見ましたが、内容は全て立体図形。最初は立方体の見取り図から始まり、それがいくつか重なったものや色々な角柱、角錐、立方体の一部を切り取ってでこぼこになったような形など、色々な立体図形のお手本が左ページの点の上に描かれており、それを見ながら(できる子は見て覚えてから描いてみようと描かれているページもあります。)右ページに描き移す形式になっています。

実際、立体が苦手な子は少なからずいますし、図形が描かれたお手本(点描写ではなくフリーで)を見ながら描くとなると、初めはうまく形がとれない子もいます。
そういう意味では、確かに苦手な子でもこれを続けていれば、なんとなく立体の感覚がつかめてきたり、少なくともうまく見取り図などが描けるようになってきたりはするのではないかなと思います。

ただ、このシリーズ全てそうですが、結構いい紙に1ページに1題、もしくは数ページ使って1題という形になっていますので、書き込んでしまうとそれでおしまいということだと、やや割高感を感じてしまうかもなぁと思わないではありません。

特に、こちらの点描写は40題あまりを1回ずつ描いたらおしまいになってしまいますので、もし図形が苦手な子などであれば、いきなりこれに書き込むのではなく、解答を書くための用紙を他にも用意した方がいいのかもなと思ったりもします。

こういうのが好きな子ははまるんだろうなぁという印象ですが、興味のない子はどうなんだろう?
ご興味のある方はどうぞ。(教室にも置いておきますね。(あ、書き込みはしないでくださいね。(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

「予知夢」 東野圭吾著

本日も軽めの更新。最近どうも読書が進みません・・・。読書の秋が過ぎたからでしょうか。(をい)

「予知夢」  東野圭吾著 文春文庫

評価 ★★★★

滅多に小説の類は読まないのですが、以前、「探偵ガリレオ」を読んで、この人すごいなぁと思い、その後「手紙」を。
そして、久しぶりに何か読みたいなぁと、ネット検索していて、気になるあらすじだったので注文してみたところ、偶然にも(世間に疎いので、知りませんでした・・・)「探偵ガリレオ」の続編でした。

というわけで、湯川教授と草薙刑事が登場し、「探偵・・・」同様、湯川教授が事件解決をしていく内容になっています。
でも、やっぱり、ホントこの方、すごいなぁと。

というか、私が滅多に読まないから余計感じるだけで、小説家の多くが素晴らしい才能をお持ちの方なのでしょうね。

ご興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »