« すみません。更新さぼります…。 | トップページ | 「予知夢」 東野圭吾著 »

2008年11月27日 (木)

「啓明舎が紡ぐ 小学国語 名作ではじめる中学受験の記述」

読み終わった本が全部自宅なので、今日はこれしかご紹介できません・・・。

啓明舎が紡ぐ小学国語 名作ではじめる中学受験の記述(小学校低学年より)

評価 ★★★★

私は直接は存じ上げないのですが、啓明舎さんは東京お茶の水に1984年に設立され、以来中学受験指導で実績を上げておられる塾だそうです。

教室を始めて間もない頃、啓明舎さんの理科の教材を見つけ、内容がとても濃く、見やすい教材だなという印象を持ちました。
他にも、国語・算数・社会の教材も出しておられるようですが、私は理科の教材を3冊購入した以来、他の教材は購入していませんでした。(受験指導はしていないもので。)

ただ、受験指導をしないにしろ、国語の教材でいいものがないかというのはずっと思っているので、何か気になるものがあるとなるべく見てみるようにしています。
それで、こちらも随分前に購入したのですが、なかなかゆっくり見る機会がなく、今に至ってしまいました。

こちらは、啓明舎さんが3年生の授業テキストとして使っておられると書かれています。
ボリュームから考えて、他にも色々やっておられるのかと思いますが、3年生が取り組むにしてはかなり骨太な印象です。

ただ、今のところ私が一番気に入っている国語の教材も、ある程度まとまった量の文を取り上げているのですが(ごく一部だけ切り抜いた形ではなく)、この教材でもある程度まとまった量の文を扱っており、タイトルにも「名作ではじめる」となっているように、「ファーブル」や「風の又三郎」などのお話を取り上げています。ですので、お話自体を読んで味わうということもある程度できるのではないかと思います。

ちなみに、記述の部分については結構しっかり書かせる内容になっていますので、3年生でこれをしっかりやれる子は、かなり国語の力があるということだろうと思います。(まあ、中学受験をする子達はこのぐらいは要求されるのでしょうけど・・・。)

全部で70ページ足らずですし、多くの部分が物語文(本文)ですので、問題数としては限られています。
また、基本的におうちの方がお子さんと一緒に取り組まれるのでないと、お子さん一人でというのはちょっときびしいかと思います。

ただ、教室の子どもたちを見ていても、すぐできる簡単な問題をいくらやっても力はつきませんが、初めは手も足も出ないように思える問題でも、一所懸命に取り組んでいるとじわじわと力がついてくるのはよく感じることです。(この教材のことではありませんが。)

ですので、国語の記述の力を付けたいとか、いずれ受験をさせたいとお考えの方でご家庭で何をさせればいいかしら?と思っている方にはいいのかなと思います。
因みに、「低学年から」と書いていますが、啓明舎さんでも3年生のテキストとのことですし、正直なところ、普通にご家庭で取り組むのであれば、国語がかなり得意な子でなければ、3年生でどうにかやっと・・・という感じなのではないかなと思います。

この教材はいいかもと思いますので、高学年向けや他の国語教材もいずれ見てみたいと思っています。

|

« すみません。更新さぼります…。 | トップページ | 「予知夢」 東野圭吾著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/43247348

この記事へのトラックバック一覧です: 「啓明舎が紡ぐ 小学国語 名作ではじめる中学受験の記述」:

« すみません。更新さぼります…。 | トップページ | 「予知夢」 東野圭吾著 »