« 「『成功』と『失敗』の法則」 稲盛和夫著 | トップページ | 「天才の時間」 竹内薫著 »

2008年10月 9日 (木)

「『人生を楽しむ』ための30法則」  小林正観著

最近、本の紹介が追いついておらず、この本も読み終わったのはもしかすると1ヶ月以上前のような・・・。
その頃ちょっと精神的に弱っていたりもして、書店でこの本を見つけて購入しました。

「『人生を楽しむ』ための30法則」  小林正観著 講談社

評価 ★★★★

この方のお名前は拝見したことがあったのですが、本を買ったのは初めてかなと思います。
精神世界や自己啓発系の本は、精神的に弱っているときや癒しがほしいときなどについつい読んでしまいますが、弱っているときにカウンセリングを受けるとか、ヒーリングを受けるとかいうことを考えると、私にとってはそんな位置づけなのかなとも思います。

書かれている内容はもちろん穏やかで共感でき、気持ちが楽になったり、和んだりするようなものです。
ただ、これまで色々読んできた同じジャンルの本で書かれていることと重なることも多く、そういう意味では私には新鮮味はあまりありませんでしたが。
行間もたっぷりなので、あっという間に読めるのではと思います。

本書の構成は5章、30の項目(法則?)からなっており、章のタイトルはそれぞれ以下のようになっています。

第1章 幸せは、「私」が感じたときだけ存在する
第2章 目の前のことを大事にするだけで、人生は成り立つ
第3章 笑顔でいつづければ、人生は変わる
第4章 全部に感謝すれば、全部が変わる
第5章 「人生を楽しむ」秘訣は、良き仲間と共にいること


そして、「はじめに」の中にこんなことが書かれています。

 「人生はいろいろな修行の場」ととらえることで、「つらい」「苦しい」という感覚からは卒業できますが、本来の人生は「修行」のために設定されているものではありません。
 「人生は楽しむもの」
 この本では、「人生を楽しむ」ための30法則をまとめてみました。
 「つらく、苦しい」と人生をとらえていた人が「楽しむもの」と思えるようになったら、この本ができた意味があります。(後略)

何かに悩んでおられたり、苦しんでおられる方は、読んでみられたら何か楽になるかもしれません。

|

« 「『成功』と『失敗』の法則」 稲盛和夫著 | トップページ | 「天才の時間」 竹内薫著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/42568741

この記事へのトラックバック一覧です: 「『人生を楽しむ』ための30法則」  小林正観著:

« 「『成功』と『失敗』の法則」 稲盛和夫著 | トップページ | 「天才の時間」 竹内薫著 »