« 申し訳ありません・・・。 | トップページ | 「さらに・大人問題」 五味太郎著 »

2008年9月 1日 (月)

「ことわざ絵本」 五味太郎著

これまで教室には五味さんの本といえば絵本が2冊あっただけで、ただ、その絵本は結構子どもたちに人気だったので、子ども用にいいかなと注文してみました。

「ことわざ絵本」 五味太郎著 岩崎書店

評価 ★★★★

教室の子の中にはことわざに興味がある子もいなくはないし、五味さんの絵つきだったら、勉強しようということではなく、楽しく読んで、へぇ~って思えるかもと、ネットだったので中身のわからぬまま注文しました。

で、結果、大人でも楽しめます。(笑)

見開きの右ページには昔からのことわざ、左ページにはそのことわざから五味さんが考えたオリジナルことわざ(?)が書かれており、取り上げられている昔からのことわざは100個。オリジナルを合わせると200個のことわざが書かれています。

五味さんの絵とともにことわざの説明が書かれていて、低学年だとちょっと読むのが難しいところもあるかなと思いますが、見ているだけでも結構楽しめるかなと思います。

個人的には、「創作ことわざ」の方でやや無理矢理感を感じるものもありますが、子どもがあははと笑いながら、わかりやすくことわざを学べるという意味ではすごいと思います。

例えば、これより面白いのがたくさんありますが、わかりやすいのをひとつご紹介しますと…。

昔からのことわざ「花よりだんご」 → 創作ことわざ「パンダよりパンだ」

子どもたちの反応がちょっと楽しみです。
でも、大人が読んでも、なかなか楽しい気がします。

|

« 申し訳ありません・・・。 | トップページ | 「さらに・大人問題」 五味太郎著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/42342630

この記事へのトラックバック一覧です: 「ことわざ絵本」 五味太郎著:

» 枡で量って箕でこぼす(ますではかってみでこぼす) [ことわざの窓]
【意味】きちんと枡でこぼれないように量ったものを、箕で受けて一気にこぼしてしまう。長い間苦労して貯めたものを、無駄に使ってしまうことの譬え。※『箕』は、竹で編んで作った、穀類をふるって殻やごみをより分ける農具【所見】う~ん、耳が痛い!親が苦労して稼いだお金を何の気なしに使っていた子供の頃を振り返ると、まさにこのことわざがそのまま当てはまる気がします。思い当たる人も多いのでは?(^^;... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 23時45分

« 申し訳ありません・・・。 | トップページ | 「さらに・大人問題」 五味太郎著 »