« 「人生は勉強より『世渡り力』だ!」 岡野雅行著 | トップページ | 「Imagine」(ムック) ランダムハウス講談社 »

2008年9月29日 (月)

「芸人学生、知事になる」 東国原英夫著

書店でたまたま知事の本を見つけました。2冊あったのですが、とりあえずこちらを購入。
宮崎県の建て直しに尽力されている、元お笑い芸人の知事が、どんなことを書かれているんだろうと読んでみました。

「芸人学生、知事になる」 東国原英夫著 実業之日本社

評価 ★★★★☆

知事のことはもちろんお笑い芸人の頃からテレビを通じて知っていますが、どんな芸をしていたかの記憶は全くなく、むしろ、脚本を書いたりというような、たけし軍団の中でもちょっと知的なイメージはありました。

ただ、数年前に風俗店で未成年とどうのこうのという報道がきっかけで芸能活動を自粛されたことはなんとなく知っていました。
しかし、そのことについてはこの本を読んで、改めて驚き、マスコミの怖さというかを感じました。

その後、宮崎県知事に立候補されたときには、一体なぜ?と思いましたが、その後のご活躍ぶりをメディアを通じて見聞きするにつけ、すごいなぁ、本気で変えると思えば、トップが代わるだけでこんなに変わるんだなとも(それは、横浜市長の場合でも感じたりしていましたが。)思いました。
以前に、テレビのドキュメンタリーで取り上げられていましたが、思わず応援したくなるほど頑張っておられるのが伝わってきました。

しかし、実際には何にも知りませんでした。
そして、この本を読んで本当に驚くことが沢山ありました。

もともと、学生時代からとても頭のいい方だったようです。
それでも、決められたレールに乗るのは嫌だという思いから、お笑いの世界に足を踏み入れたようです。
しかし、人気の絶頂の頃にマスコミで未成年と・・・というニュースが流され、叩かれた。そして、自主謹慎。芸能活動停止。
それが転機となり、早稲田を受験して大学生になり、今の知事がおられるようです。

あの頃流れたニュースはぼんやりとしか覚えていませんが、私はこの方ご自身が罪に問われたのだと思っていました。しかし、実際は全く違ったそうなのです。
そういうお店に行くことの是非はともかくとして、そういうお店自体は法に触れる場所でもないわけですから、行く行かないは個人の自由です。
ただ、あのとき問題になったのは、その店の経営者が未成年者を働かせていたことだそうで、その事実を確認するために事情を聞かれただけだったそうです。
少なくとも、そういう業界の雑誌ではその子は19歳と紹介されており、それを信じていたとも書かれていました。
なので、実際には事情を聞かれただけで、法的には何の咎めも受けていないそうですし、警察に事情を聞かれたときには、そのこと自体も秘密にするということになっていたらしいのです。

それをどこかのマスコミが後に取り上げ、18歳未満の子と・・・というところだけがどんどんとひとり歩きし、芸能活動を自粛するしかなくなったと。
売れっ子のお笑い芸人が、仲間たちと呑んで、その流れで風俗店に行き、未成年とは知らずに遊んだだけのことだったということを知り、正直なところかなり驚いてしまいました。
そのことでこの方の人生は大きく転換してしまったわけですだから。

でも、結果的に、そのことがあったから今がおありなんだと思うし、多分今の生き方を選んだことには満足しておられるようにも思うので、その事件も、ある意味神様からのギフトだったのかもしれないと思いますが。

と、その部分ばかり書いてしまいましたが、内容は以下のような構成になっています。

プロローグ 人生はいつでも再構築できる
第1章   お笑い芸人失格
第2章   中年男の決断
第3章   芸人学生の大学生活
第4章   2度目の受験と卒論
第5章   人生、生涯勉強
エピローグ 自己変革がもたらす奇跡

とても読みやすく、個人的には色々感じることも多く、面白かったです。
やはり、とてもとても頭のいい方なんだなと思いますし、仮にそんな事件がなくても、もしかしたらこういう道へ進まれたかもしれませんが、年齢その他を考えても、やはりこの方にとってはあのタイミングでマスコミに叩かれたことは、今につながる貴重な出来事だったのではと思います。(もちろん、そのときは本当にお辛かったようですし、軽々しくそんなことを言ってはいけないのかもしれませんが。。。)

今、高校生や大学生で、なんとなく学生をしているような子達が読むと何か感じるものがあるかもしれませんし、社会人である私たちも、改めて色々なことを考えさせたれたりするのではと思います。

芸人だったときは特に好きではありませんでしたが、知事になられて印象が変わり、この本を読んでますます好印象になりました。
お体に気をつけて頑張って頂きたいなと思います。(なんか変な感想・・・。)

|

« 「人生は勉強より『世渡り力』だ!」 岡野雅行著 | トップページ | 「Imagine」(ムック) ランダムハウス講談社 »

コメント

山手のドルフィンさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
なかなかいい本でしたね。
ミーハーな私は一気に東国原知事のファンになりました。(笑)
もう歳だ…なんてのは言い訳に過ぎないんだなと、そんなことを
感じました。
ブログ見てくださってありがとうございました。

投稿: TOH | 2008年11月17日 (月) 00時35分

はじめまして。
トラックバックさせていただいたので御挨拶です。
私も何の気なしに手に取った本でしたが、内容の濃さに身が引き締まる思いでした。
人間その気になればいくつになっても変われるんだ、という強烈なメッセージを感じました。

投稿: 山手のドルフィン | 2008年11月16日 (日) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/42568771

この記事へのトラックバック一覧です: 「芸人学生、知事になる」 東国原英夫著:

« 「人生は勉強より『世渡り力』だ!」 岡野雅行著 | トップページ | 「Imagine」(ムック) ランダムハウス講談社 »