« 「6歳までにわが子の脳を育てる90の方法」 脳科学と子育て研究会著 | トップページ | 「消える学力、消えない学力」 田中保成著 »

2008年9月15日 (月)

「強運になる4つの方程式」 渡邉美樹著

久しぶりにワタミの渡邉社長の著書を読んでみました。
不思議なもので、これを購入して間もなくある出来事があり、そのときにこれを読むことで自分の気持ちの整理ができました。
まるでそうなることを予想していて購入したようなタイミングでした。

「強運になる4つの方程式 - もうダメだ、をいかに乗り切るか 

渡邉美樹著 祥伝社新書

評価 ★★★★☆

相変わらず(?)渡邉社長は渡邉社長で、いつ読んでも本当に真っ直ぐで気持ちよい、そして本当に偉大な方だなと、今回も思いました。

内容としては6章から成っており、それぞれ以下のようになっています。

1章 「コムスン買収」で改めて感じた強運
2章 【第一の方程式】神様が応援したくなるような努力
3章 【第二の方程式】原理原則を外さない
4章 【第三の方程式】明るくて、人との出会いがある
5章 【第四の方程式】心に一点の曇りもない
6章 【強運を引き寄せるために】悩んでいるあなたのために

内容的には、社長の生き方、ポリシーのようなものが多く書かれているため、どうしても過去の著書と重なるところも少なからずありますが、いつ読んでもこの方の本はすがすがしい気持ちにしてくださいます。

ここまで真っ直ぐに、真っ正直に、ずるいこと、後ろめたいことを一切せず、正攻法の努力で成功された方は恐らくとても少ないのではと思います。
今の時代、松下幸之助さんや本田宗一郎さんなど、偉大な経営者と呼ばれている方々がおられますが、渡邉社長もそんな、歴史に残る方になられるのかなと思ったりします。

1章の「コムスン買収」の件でも、最終的には買収はできなかったわけですが、そこに書かれている言葉は、私も大いに共感するところの多いものでした。項目の見出しをいくつか挙げますが
"水面下の交渉"は一切しない
すばやく気持ちを切り替える
起こることは全部いいこと
これらは、本当にそうだなぁと思うことでした。運を引き寄せるためにも大切なことだなと感じます。

コムスン買収に際して、色々な関係者への口利きをしてくださる申し出が少なからずあったそうです。
しかし、社長はそれら一切を断られたと。そして、こんなことを書いておられます。

 目先の利益を追い、小手先の手段を使ってしまうと、大きな流れに不自然な動きが出てくるのではないか、よい流れが崩れてしまうのではないか。私はむしろ、それを危惧しているのです。
 たとえば、何か裏取引をしたらワタミに決まったかもしれません。でも、そういうことをした瞬間に、「起きることは全部いいこと」という法則が根底から崩れ、悪いことが起こっていくような気がするのです。
 私は、これまで、正直に生きてきました。今も、誰にいつ見られても恥ずかしくないような生き方をしているつもりです。それが、私のベースなのです。ベースから外れたことをするとすべてが壊れそうな気がするので、自分らしくないことは絶対にしたくないのです。(
後略)

今回は読んだタイミング的に、私のために書かれているのではと思うようなこともたくさんありました。
ただ、共感できることは本当にたくさんあるものの、私は社長の10分の1も100分の1さえも頑張っていないよなとも思いました。
さすがに、ここまで素晴らしい人間には到底なれそうにありませんが、自分を甘やかすのはほどほどにして、「神様が応援したくなるような努力」に一歩でも近づけるよう、精進せねばと思いました。

悩んでいる方、迷っている方、渡邉社長のファンの方、オススメです。

|

« 「6歳までにわが子の脳を育てる90の方法」 脳科学と子育て研究会著 | トップページ | 「消える学力、消えない学力」 田中保成著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/42483670

この記事へのトラックバック一覧です: 「強運になる4つの方程式」 渡邉美樹著:

« 「6歳までにわが子の脳を育てる90の方法」 脳科学と子育て研究会著 | トップページ | 「消える学力、消えない学力」 田中保成著 »