« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

「教えるということ」 大村はま著

またまた大村先生の本のご紹介です。
既にもう1冊と、苅谷夏子氏が大村先生の言葉をまとめられた本も購入していますので、まだまだご紹介は続きそうです。

新編 教えるということ」 大村はま著 ちくま学芸文庫

評価 ★★★★

この本は、4つの章から成っており、過去に出版された先生の著書の中からまとめ直されたもののようで、本書の最後にこう書かれています。

「教えるということ」「教師の仕事」は『教えるということ』(一九七三年、共文社刊)より、「教室に魅力を」は『教室に魅力を』(一九八八年、国土社刊)より、「若いときにしておいてよかったと思うこと」は『授業を創る』(一九八七年、国土社刊)より収録した。

ですので、それらの本を読まれた方はもう読んだことあるよ・・・というものばかりになってしまうかもしれません。
私の場合は、まだ大村先生の著書を読み始めたところですので、そういうことはありませんでしたが、先生が過去の著書の中から選ばれたもので、更にそれが「講演」でお話されたことでもあるため、「あ、このお話は前の本で読んだな」ということは、私でも何度かありました。
ただ、普段、1冊の本を何度も読み返すということをほとんどしない私には、大切な言葉を何度も読むことになって、ちょうどいいのかもしれませんが。

「教えるということ」は1970年8月、富山県小学校新規採用教員研修会での講演。
「教師の仕事」は1973年2月、山形県天童市東村山地区教育委員協議会主催講演会で講演。
「教室に魅力を」は1986年10月、大分文化会館第71回全国大学国語教育学会での講演。
「若いときにしておいてよかったと思うこと」は1985年1月、秋田県第16回冬季国語教育研修会での講演。
以上のように書かれています。

しかし、何を読んでも、一切反論したいところがなく、「そうですよね、その通りですよね」とか、「確かにそうですが、それができる指導者はなかなか居ないでしょうね・・・」とか、そんな気持ちを抱いてしまいます。

もう、そこら中に、耳の痛いこと、考えさせられること、感動することが書かれているのですが、ごくごく一部をご紹介します。

「教えない教師」より
(前略)例えば、国語の場合、よくこういうことがあります。
 まず、教室に子どもを入れて、開口一番、「読んできましたか」という人があります。これは何も教えないということになりませんか。学校はあくまで「学校」で、学習するところです。教室は学習室なのです。(中略)
 ところが、本来の学習室である学校を学習室にしないで、「読んできましたか」というのは、「読む」といういちばん大事なことは家庭でやるわけですから、それでは家庭が勉強の場所になり、学校は検査室になります。読んできたかどうかをみる検査室、読めるかどうかを調べる所、おっかない場所ですね、学校は。(後略)

この後に書かれている「読む」ことをどのように意識して指導するかについては、もう本当に、雲の上の方のように感じます。とにかく素晴らしい。(本来は指導者みんながそのレベルであるべきなのだと思いますが・・・。)

この後に作文指導のことも書いておられますが、作文を書いてこさせる、または、書けと言って自分は他の仕事をして放置し、書き上がったものの評価だけをする教師に対して「黙って書かせる批評家」と呼んでおられます。

「無責任な教師」より
 ある会社に勤めたとします。自分が一つの仕事をもらいます。その仕事をやれません。その場合に、「やったけれどもやれませんでした」などと言おうものなら、相手にされないのではないでしょうか。(中略)
一生懸命やりましたけれども、というのは、だいたい非常に甘えたことばだと思います。一生懸命やるのは、人間一人前ならあたりまえのことで、怠けてやられてはたまったものではないと思います。(中略)会社で失敗し、それで会社に損をかけたとします。その時、「課長さん、すみません。しかし一生懸命しました」と言えば、「ばかなこと言うな」としかられるに違いありません。
 ところが、教師だけはよくまあ言うと思います。「一生懸命指導しましたけれど、お宅のお子さん、どうもうまくおできになりません」私は、そういうことは、教師として言うべきでない。教師が一個の職業だというのなら言ってはいけないと思います。(後略)

他にも、

教師の禁句「静かにしなさい!」
「子ども好き」だけではダメ
「いい人」なんてあたりまえ
禁句「わかりましたか?」
素人でも言える指示する言い方

など、うなってしまうような内容です。

仏様の指
どの子にも成長の実感があること
「劣」に重みをかけすぎ、「優」を忘れていないか

などは、自分も常に心がけていたいと思う内容です。

同じ教材を与え、同じスタートラインで同じ方法で出発すれば、同じにゴールするはずはないと、言われてみれば極めて当たり前のことなのに、教育の現場では忘れがちになっているようなことも、改めて思い出させてくれます。

大村先生は学校の先生に向けて書いて(話して)おられるのだと思いますが、子どもに関わる全ての大人たちに一読の価値はあると思います。
ご興味がある方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

「あなたの部屋に幸運を呼びこむCDブック」 居田祐充子著

今年に入って、あまりにも色々な不幸な出来事、予期せぬ出来事に見舞われ続けているもので、最近はあまり占いの本だとかスピリチュアルの本だとかは読んでいなかったのですが、ネット書店でそういう類のものにも目が行ってしまいがちです。
ここ最近でそういう類を2冊購入したのですが、まずはそのうちの1冊をご紹介。

「あなたの部屋に幸運を呼びこむCDブック」 

居田祐充子著 総合法令出版

評価 ★★★? (判断が難しい・・・)

本の帯に

音を流すだけ!
場が浄化され、ツキがやってくる

15万部突破のベストセラー

と書かれていますし、タイトルにもある通り、CDが付いており、ある意味そちらがメインなのではと思います。

アマゾンの書評では評価が割れていて、私自身、特に大きな期待を抱いて購入した訳ではなく、このぐらいの価格でもし何か効果があるなら儲けもの・・・ぐらいの感じで購入しました。

「ハーモニーベル」と呼ばれる音叉(おんさ)で演奏されている曲(?)がCDに納められているのですが、それをかけていると、場が浄化されたり、思わず掃除がしたくなったりするそうなので、もしそんな効果があるなら私にはもってこいよね?みたいな感じですが、今のところ私としては目立った変化や効果は感じていません。

著者の居田氏はこのハーモニーベルでのセラピーなどをしておられ、本の内容は主にその紹介という感じですので、このCD自体で効果がなければ、購入する価値はあまりないのかなと思います。

音叉ですので、ところどころ、「キィーン」というような金属音がしたりします。
それが苦手な方はアマゾンの書評でも評価が低いようですが、本には、初めは違和感を感じたり、不快に感じたりしても、聴いているうちにだんだん変化してくるというようなことも書かれています。

私は金属音が不快ということはなく、もともと、オルゴールCDとかは好きな方なので、やそれに近い感じでときどき聴いています。
これで掃除がしたくなれば言うことないのですが。(笑)

本(CD)は教室の本棚に置いておきますので、ご興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

「灯し続けることば」 大村はま著

先日ご紹介した本を読み終えた後、早速大村先生の著書を2冊ほど注文しました。
そのうち1冊、まずはこちらをご紹介します。(もう1冊はまだ読みかけです。)

「灯し続けることば」 大村はま著 小学館

評価 ★★★★☆

この本は、実はネット書店で何度か目にしていました。
ただ、個別商品のページにまで見にいくことはなく、表紙の雰囲気から、分厚くてちょっと年代的にも古くて、難しい本なのでは?と勝手に思い込んでいて、結局これまで手にすることはありませんでした。

しかし、実際には新書サイズで、また、見開き2ページ程度に先生のこれまでの「珠玉のことば」がまとめられているというもので、大変読みやすいものでした。

短い時間で読めますが、教育に携わる人間にとって、とても大切なことばがたくさん詰まっているように思います。
ですので、是非多くの方に読んでみて頂きたいと思うのですが、ただ、さらっと読めてしまいますので、購入して読まなくてもいいのかな?と(私は購入してよかったと思っていますが)いう気もややします。

とにかく素晴らしいことばがたくさんなので、全部をご紹介するわけにはいきませんし、もともと、これまでの著書や講演での内容などから抜粋してまとめ直されたもののようですので、大村先生の他の著書などをお読みになったことのある方は「あ、これ知ってる」というものもあるだろうと思います。

50あまりのことばがまとめられていますが、その中でも気になる見出しをいくつかご紹介しますと・・・。

熱心と愛情、それだけでやれることは、教育の世界にはないんです
子どものコップは小さいから……
わかっていても言えないこともあります
力は使い切ったときに伸びるものです
教師がいじったからといって、個性は壊れたりしません
子どもに向かって、「忙しい」は禁句です
スタートラインが一緒でも、ゴールには同時に入りません
「裾を持ちなさい」
し残しておけばいいのです


これだけでは、一体何のこと?ということもあるかと思いますが、ご興味があれば是非一度読んでみてもらえたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

「『捨てる力』がストレスに勝つ」 斎藤茂太著

先日、問題集を見に書店に行き、なんとなく目に留まったので、久しぶりに茂太先生の本を買ってみました。

「『捨てる力』がストレスに勝つ」 斎藤茂太著 集英社文庫

評価 ★★★☆

しかし・・・本を読むまで知りませんでした・・・。茂太先生、亡くなられたんですね・・・、それも2年も前に。
先日ご紹介した大村先生は2005年に亡くなられたそうですし、続けて、近年ご逝去された方の本を読んでしまいました。

もちろん、茂太先生のことは著書を通じてしか存じ上げないのですが、穏やかな文体で結構和ませて頂いていたので、やはり何か淋しいものを感じます。
私はこれを文庫で購入したのですが(初版発行は2007年12月)、もともとは2005年10月に新講社から単行本として出版されたもののようです。

書店の文庫本の一角に斎藤茂太先生の本がずらりと並べられていたので目に留まり、色々あったのですが「捨てる」という言葉になんとなく惹かれて、この1冊を選びました。
ただ・・・現在ほとんどストレスを感じていない私には、どうもあまり必要のない本だったかもしれません・・・。(苦笑)

中をきちんと見ずに買ったため、タイトルで勝手に、整理術ではないですが、不要なものを処分したらいいというようなことが書いてあるのかと思ったのですが、冷静に考えたら、茂太先生がそういう本を書かれるはずはないですよね・・・。

というわけで、この本で「捨てる」対象になっているものは、物質的なものではなく、精神的なものでした。
章のタイトルをご紹介すると、以下のようになっています。

一章 「前向きな自分」になるために、捨てるものがある
二章 「よき人生」のために、捨てるものがある
三章 「捨てる人」ほど、大きく伸びる
四章 「日々安らか」に過ごすために、捨てるものがある
五章 「健康な自分」のために、捨てるものがある
六章 「うつ」を避けるために、捨てるものがある
七章 人間関係のために、捨てるものがある
八章 「自信を持つ」ために、捨てるものがある

読みながら、会社などの組織にいてストレスを感じている方や、そうでなくても、やや鬱っぽくなっているかも・・・というような方は、読まれたら参考になるのかもなと思いました。
1つの項目が3ページずつで、文章もわかりやすく、とても読みやすいです。

個人的にはストレスはほとんど感じていないものの、それでも、ところどころ、あ、と思うところもありました。

「69 コミュニケーションは密になったが、人間関係は希薄」と「70 人と人との信頼関係は、「不便さ」の中で育つ」の項には、現代の私たちは携帯やメールなどで頻繁に、密に連絡を取り合っていたりするのに、若者たちの中には「本当の友だちがいない」などと訴える人が多いというようなことが書かれており、便利さでは本当の信頼関係を築くのは難しいというようなことが書かれていました。
それはなんだかわかるなぁと。

あと、ストレス解消のために「何もしない」のは間違いというところも、普段休日には果てしなく、限りなくダラダラと過ごしてしまう私には耳の痛いところでもありました。(苦笑)

さらっと読める本ですので、ご興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

「教えることの復権」 大村はま・苅谷剛彦・夏子著

ようやく読み終えました。
内容が難しかったわけではないのですが、なかなか落ち着いて読む時間が取れず、また、ざっと読んで終わりにしたくはない内容でもありで、時間がかかりました。

「教えることの復権」 大村はま・苅谷剛彦・夏子著 ちくま新書

評価 ★★★★★

大村はま先生のお名前は以前から存じ上げていたのですが、なぜなのか、これまで一度も先生の著書を読んだことはありませんでした。
そして、この本ももともとはなんで買ったんだったかな?という感じで、恐らく、以前に苅谷剛彦氏の著書を読んで、苅谷氏ご夫妻と大村先生との共著というところが気になったというところだったかと思います。

しかし、この1冊だけでも、大村先生がどれだけ偉大な方だったのかが十二分に伝わってきました。
今後、先生の著書を何冊か読んでみようと、今は思っています。

うちの教室では「教えない」ということにこだわっていますが、ある意味、それと相反するタイトル。
どんな内容なのかと思いながら読み進みましたが、大村先生のすごさにも心底感心し、苅谷ご夫妻の書いておられることにも納得、共感し、個人的にはとてもいい本だったと思っています。

序章で夏子氏が、小学校時代の国語の授業が面白くなかったということを書いておられるのですが、私にとってはそれは小学校だけにとどまらず、中学でも同じで、少なくとも現代国語の範疇の授業は、どの先生に教わったからといって、特にできるようにもならないし、先生によってできなくなるというものでもない・・・という捉え方をしてきました。
実際、そう思ったから、仮に教え方が下手でも子どもには被害が及ばないなと、国語の教員免許を取った身ですから・・・。

しかし、それは全く間違った思い込みだったのだと言うことを、このたった1冊の本で嫌と言うほど思い知らされました。
もし私が学生時代に大村先生の著書に出会っていたら、私は国語の教師には絶対なれないと思っていたことだろうと思います。

とにかくすごいのです。神様のように思えます。
先生の実践をもっと知りたいと思います。
ただ、もし国語の教員志望の学生が大村先生の実践記録などを読んでしまったら、「自分には無理・・・」と思って教員の道を諦めてしまうかもしれないとさえ思います。

読み始めは、きっともともと素晴らしい才能と情熱の持ち主でおられたんだろうと思っていたのですが、後半である事実が書かれていました。
先生は戦後に、それまで20年近く指導していた旧制高等女学校から、「産声をあげたばかりの新制の中学校」へ移られたそうです。

戦後の極貧の中、子どもたちは学校に来ることすらままならないような環境で、先生ご自身も、これは無理だと諦めかけられたそうです。
しかし、そのときご相談に行かれた西尾実先生がおっしゃったそうです。

「死んでしまったり病気になってしまったら困る。でもそうでなければ、これが本物の教師になるときかな」

と。
その言葉に感動され、その後、教科書も何もないところで、新聞紙を集めてそれを教材にし、新聞だけでなく、雑誌や看板、町の掲示板などからも教材になるものを見つけ・・・と、そんな風に先生の国語の実践は始まったそうです。

何もないところで、目の前の子どもたちをどうにかせねばならない・・・そういう環境に置かれ、もちろん、もともと素晴らしい才能をお持ちだったのは間違いないとは思いますが、仮にそのまま高等女学校で指導を続けておられたら、そこまでの実践はなされることはなかったかもしれないと、そんなことを思いました。

そして、苅谷ご夫妻が書いておられることも素晴らしく、とてもよく似た価値観をお持ちのお三方が集まられての共著なんだなという気がしました。

更に、大村先生の国語教室では、先生はたくさんのてびきを用意し、子どもが詰まったら、さりげなく助けを出し、気づかれないように引く・・・そんな風に指導をしておられたようですが、この本の中で語られる「教える」ということは、私がイメージする「教えない」ということとほぼ重なるような気がしています。

手も足も出ない状態の子どもを放置するのは指導者としての役目を果たしていないわけで、「教えない」といっても、それぞれの子に最低限必要な部分は「教え込む」のではなく、気づかせるきっかけを与えるというような「教える」ということは必要になるでしょう。

また、大村先生たちがおっしゃっている「教える」は一方的に知識を教え込むのではなく、「考える方法」、「議論の方法」などを「教える」ということであり、確かにそれは教えなければできないことでもあるのだろうと感じました。

かなり感動したのですが、うまくまとめきれずです・・・。
時間を置いて、また読み返してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

「おりがみで算数トレーニング 」 加藤渾一著

たまった仕事もあったり、冷蔵庫が壊れたり(あまり関係ないけど・・・)、勉強しなくてはいけないものがあったりで、まだなかなかゆっくり読書する時間が取れず、今日はこちらのご紹介です。

「おりがみで算数トレーニング」 加藤渾一著 数研出版

評価 ★★★★

書店で見つけて、おりがみで算数?と思い、購入してみました。
以前、折り紙で多角形を折ったり、それを組み合わせて立体を作ったりという、結構高度な本をご紹介したことがあるかと思いますが、こちらは小学生向けに作られた感じです。

中には多角形の折り方も出ていますし、家や牛、栗などを折って、それを組み合わせて多角形にしたり、角度や面積の学習につなげたり・・・というように、よく考えられています。
ただ、折り紙遊びをしながら算数の能力を・・・というよりは、初めから算数の学習のために折り紙を使うという感じの内容ですし、また、きちんと説明はされているものの、平行、垂直、対角線・・・など、普通の子なら高学年で学習する内容が多く登場していますので、よほど図形や折り紙などに興味のある子でなければ、低学年では少し難しいのかもしれません。(まあ、きれいに折らないと、組み合わせたときにきちんとした形になりませんから、それを考えると低学年ではやや難しいのかもしれませんが。)

タイトルの上部に「手を動かして考える。自由な発想で図形力をUPする!」と書かれていますが、確かに、同じ学習であるなら、実際に自分で紙を折ったり並べたりしながら学習する方が、しっかり身につくとは思いますし、三角形の内角の和や三角形、平行四辺形などの面積も、折ったものを使って実感できるというのは大きいのかなと思います。

著者の加藤先生は北海道立高校に38年勤務され、折り紙を取り入れて数学の授業を実践してこられたと紹介されています。
高校数学の先生が書かれたということを考えると、かなり易しく、小学生にも使えるように作られていると思いますが、結構難しい問題も。。。

工作好き、図形好きな子にはお勧めできそうですね。
また、図形が苦手な高学年や中学生にも役に立つのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

「10才までに身につけたい算数センス 実践!ドリル 図形編」 朝倉仁著

以前ご紹介した「10才までに身につけたい算数センス 楽しみながら思考力を伸ばす! 図形編」と一緒に注文していたのですが、我ながら届いたときにチラッとぐらい見ればいいのでは?とツッコミを入れたくなるわけですが、今日初めて中を見ました・・・(汗)

10才までに身につけたい算数センス 実践!ドリル 図形編」 

朝倉仁著 小学館

評価 ★★★

以前にご紹介した方は、まだ参考書兼問題集という感じで、1冊あれば読みながら問題も解けるというものでしたが、こちらは、もしこれを単独で購入される場合、中を見てから購入される方がいいかと思います。

と言いますのも、こちらは純粋な「ドリル」で、問題とその答えのみが書かれているため、(解答の解説もありません。)先にご紹介したものを読んで、更に問題に取り組みたいという場合用という位置づけなのではと思います。

そうでない場合、一般の小学生が家庭用にいきなりこれだけ買ってやるとなると、完全にお手上げになってしまう場合もあるのではと思います。(受験予定で、そのような勉強をしているお子さんや、算数や図形にとても興味があって考えることも好きなお子さんなどは大丈夫かと思いますが。)

問題は見やすいですし、書き込みもしやすそうなのですが、解答も合わせて80ページ、価格が800円と消費税ですので、購入される際は、やはり一度中をご覧になってからの方がいいのではと、小市民な私は思います。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木)

「『社会を変える』を仕事にする」 駒崎弘樹著

事件後、新たに読み終えた本が全くない状態で、おまけに今読みかけている本は、内容はとても興味深く、面白いのですが、字が細かくてびっしりなので、なかなか読み進められず…。
そこに来て、勉強しなくてはいけないことなどもあり、いよいよ速読を習わねばならぬのか?という今日この頃です…。とにかく、夜早い時間に眠くなってしまうので困っています…。

「『社会を変える』を仕事にする 社会起業家という生き方」 

駒崎弘樹著 英治出版

評価 ★★★★☆ (個人的にはかなり好き)

何事にも疎い私は、「社会企業家」という言葉を先日ご紹介した「マイクロソフトでは…」の本で初めてほぼきちんと理解したわけですが、ネット書店でこの本のタイトルが目に留まり、日本にもそんな方がおられるの?と早速注文してみました。

著者の駒崎さんは1979年生まれ。慶応義塾大在学中に有限会社の経営に参画、株式会社化後には代表取締役社長に就任されたとのこと。(本文にも詳しく書かれていますが)そんな彼が将来を考えたとき、自分の本当にやりたいことはなんなのだ?と。そして、いわば、「自分探し」を始められたのですが、行きついたのが「病児保育」の事業だったと。

多分、とてもとても頭のいい方なのでしょう。ユーモアに溢れていて、とにかく読みやすく、社会のための仕事をしているのですが、全然かたい感じも重い感じもなく、というよりむしろ軽やか過ぎる文体で、時には声を出して笑ってしまうほどの読みやすさです。

構成は以下のようになっています。

第1章 学生でITベンチャー社長になっちゃった
第2章 「社会を変える仕事」との出会い
第3章 いざ、「社会企業家」!
第4章 大いなる挫折
第5章 世の中のどこにもないサービスを始める
第6章 「地域を変える」が「社会を変える」

ちなみに、駒崎さんは2007年7月、Newsweek日本版「世界を変える社会企業家100人」にも選ばれたそうですが、社会企業ってなんだ?って方も、何か世の中の役に立ちたいと思っている方も、病児保育(例えば突然熱を出した子どもを普通の保育園などでは預かってもらえないそうですが、そういう子どもを預かるというようなことを指しているようです。)に関心がある方も、なんだかわからないけどちょっと面白そうだなという方も、一度読んでみてほしいなぁと、個人的にはそう思う1冊でした。

すごく正直で、真っ直ぐで、一所懸命で、だけど「今どきの若者」でもある著者は、なんだかとても素敵でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

「名探偵」シリーズ

すみません…。
まだゆっくり本を読む時間が取れず、また、気持ち的にもようやく少しずつ本でも読もうかなと思えるようになってきたところで、読みかけの本は戻ってきましたし、その間にほんの少しだけ読み始めていた本もありますし、今日も出かけたついでに久しぶりに書店に寄り(多分私にしては極めて珍しいことに、先月は本を買わなかったのではと…)まだ積読もたくさんあるので、とりあえず我慢(?)して新書を2冊だけ買ってきましたし、頑張って読まないとなというところなのですが、今しばらくお許しください。

というわけで、今日も子ども向けの本のご紹介。

「もしかしたら名探偵」 杉山亮 作  偕成社

このほかにも「あしたからは名探偵」「いつのまにか名探偵」など、現在多分10冊出版されているかと思います。

先日は絵本でしたが、こちらは一応(?)子どもの読み物になるかと思います。

子どもたちは怪傑ゾロリシリーズとか、わかったさん、こまったさんシリーズとかが好きな子も多いようですが、今日ご紹介するこちらは、教室を初めてしばらくして、たまたま書店で見つけて1冊買ってみたところ、読んだ子が「センセ~、これ、ほかのないの?」と。
それも、ひとりではなく、それを読んだ子はみんな…。

というわけで、1冊、また1冊と増やしていったのですが、もう不思議なぐらいそれ以来ずっと大人気で、現在は全部で恐らく10冊出ており、全部揃えているはずなのですが、本棚には大抵3~4冊しかない状態です。

そこまで人気なのはなぜなのかと、1、2冊読んでみたのですが、大人の私には今一つよくわかりません…(汗)
ただ、前半で事件が起き、挿絵もいっぱいなので、その挿絵の中にその事件の犯人の手掛かりが隠されていたりして、子どもなりに推理した後、後半で種明かしというような構成になっているので、それが面白いのかな?という感じです。

絵が多く、文字も大きいので、さっと読めてしまうため、おうちで購入というのは少しもったいないかもしれませんが、あまり本を読まない子などに本を読むきっかけとして与えるのにはいいのかもと思います。
ご興味のある方は一度書店や図書館で探してみてください。(通ってくださっている方は教室でご覧ください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »