« 「『ゆっくり』でいいんだよ」 辻信一著 | トップページ | 「頭がいい子に育てる親の話し方」 樋口 裕一著 »

2008年5月 8日 (木)

「大人が変わる生活指導」 原田隆史著

以前、ある塾の折り込みチラシに「リーチング」という言葉と原田氏の著書が紹介されており、なんとなく気になっていたところ、先日書店で目に留ったため、とりあえず1冊読んでみることにしました。

「大人が変わる生活指導 仕事も人生もうまくいく」 

原田隆史著 日経BP社

評価 ★★★☆ (個人的好みでの評価です。多分興味のある方ならもっと高評価なのではと。)

著者の原田氏は2003年春まで20年間、大阪市内の公立中学で体育の教師をしておられた方だそうです。
体育教師時代に陸上部の指導で数々の日本一を輩出。最後に勤められた松虫中学校では、7年間で13回の日本一を輩出されたそうです。
現在は、大学で未来を担う教師の育成にあたるかたわら、現役教師のための私塾「教師塾」を主宰されていると著者紹介に書かれています。

本の帯に

経営者が最も会いたがるカリスマ体育教師の最新刊!
3年間で180社・4万人に元気を与え、
奇跡を起こす原田式自己改革のススメ!!

と紹介がされています。

また、本書の構成は以下のようになっています。

〇時間目 仕事と思うな、人生と思え
一時間目 大人にこそ生活指導を
二時間目 理念と目標を掲げる
三時間目 脳と心を鍛えるエクササイズ
四時間目 かかわり方を変えてみる

書かれている内容はほとんど納得できることで、確かにその通りだと思うこともたくさんあるのですが、個人的には特に新鮮で「へぇ~!そんなこと意識したこともなかった!」とか「おお!!是非すぐにやってみよう!」と思えるところまではいかず、今の私にはあまり必要な本ではなかったのかなという印象です。

ただ、何か目標があったり、行き詰っていて現状を変えたいと思っていたりする方や、女性よりは男性によりしっくり来る内容なのかもなと思いました。

書いておられることを、企業や学校で応用すれば、確かに効果はあるんだろうなと思うことも色々ありましたが、あくまでも現時点で私にはあまり必要を感じなかったというか、基本的に極めて無精者なので、これすら実行に移すことができそうにないというか・・・。(汗)

ただ、著者のお考えや理念、理想、そういったものには大いに共感もしており、本書の最後に書かれている、まさにそうだなと感じたところをご紹介させて頂きます。

 まともな大人が増えてほしい。
 お父さん、お母さん、教師、企業経営者、管理職の方々、あらゆる大人が自立型人間になれば、日本は素晴らしい国になると私は考えています。(中略)
 こんな大人が世の中に増え、互いのかかわりを広げていけば、ズルイ大人は居場所を失うでしょう。不正義などもなくなっていくでしょう。よい会社がたくさん生まれ、善良な社会人がたくさん育ち、よい子どもがたくさん育つでしょう。
 リーダーが変われば周囲も変わる。部下が変わり、家族が変わり、子どもが変わる。変わる瞬間は劇的です。世の中がガラリと変わる可能性があります。
 とにかくチャンスはいま。この瞬間です。
 よき大人、よきリーダーとして、かかわって、できることからはじめましょう。(
後略)

とても読みやすい本ですし、原田氏の熱い思いが伝わってくる内容だとも思います。
ご興味のある方は是非読んでみられてはいかがでしょう。

|

« 「『ゆっくり』でいいんだよ」 辻信一著 | トップページ | 「頭がいい子に育てる親の話し方」 樋口 裕一著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/41132356

この記事へのトラックバック一覧です: 「大人が変わる生活指導」 原田隆史著:

« 「『ゆっくり』でいいんだよ」 辻信一著 | トップページ | 「頭がいい子に育てる親の話し方」 樋口 裕一著 »