« 「読む・書く力を鍛える日本語トレーニング・プリント」 高濱正伸監修 | トップページ | 「『感謝の習慣』で人生はすべてうまくいく!」 佐藤伝著 »

2008年2月25日 (月)

「余命1ヶ月の花嫁」 TBS「イブニング・ファイブ」編

教育にも育児にも関係なく、自己啓発でもなく、単にネット書店からのDMで目に留まり、興味を惹かれたので読んでみました。

「余命1ヶ月の花嫁」 TBS「イブニング・ファイブ」編 マガジンハウス

評価 ★★★★

何度も書いています通り、ほぼ全くテレビを見ない生活になって久しいため、この本の主人公である「長島千恵さん」のことも、番組自体も全く知らなかったのですが、フィクションではなく、ノンフィクションでの彼女の闘病生活を番組で取材し続けた記録が本にまとめられたということのようです。

著書紹介ではこう書かれています。

TBS「イブニング・ファイブ」が報道し、全国に大反響の嵐を巻き起こした同名ドキュメンタリー番組の待望の書籍化。
テレビでは伝え切れなかった、物語の詳細な背景や主人公たちの微妙な心情がリアルに描かれている。

 イベントコンパニオンをしていた長島千恵さんは23歳の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんとの診断をうけた。ちょうどそのころ赤須太郎さんから交際を申し込まれ、悩みに悩んだが「一緒にがんと闘おう」という言葉に動かされ、交際がスタートした。
 しかし、がんの進行は止まらず、昨年7月に乳房切除の手術をせざるをえなくなる。それでも治ると信じ、SEの資格を取り再就職し、次第に病気のことは忘れていった。
 ところが、今年3月、激しい咳と鋭い胸の痛みに襲われ、主治医の元に。胸膜、肺、骨にがんが転移していたのが判明。筆舌に尽くしがたい痛みとの闘い。
 そして、ついに千恵さんは……。

最後まで人を愛し、人に愛され、人を支え、人に支えられた24年の人生を生き抜いた長島千恵さんからのラスト・メッセージ。

表紙にも本の中にもたくさんの彼女やその家族、友人、恋人の写真が載せられていますが、彼女の写真を見る限り、とても可愛くて、「今時の女の子」という印象そのものです。

予備知識なしに読み始めたことや、イベントコンパニオン姿やオトコマエの彼氏と幸せそうな姿の写真から始まることなどもあり、最初はちょっとちゃらちゃらした軽いノリの子なのでは?と(すみません・・・外見的な判断で・・・)思って読み始めたのですが、読み進むにつれ、涙が止まらなくなりました。

素晴らしいお父さん、叔母さん、恋人、友人の存在。これだけたくさんの人に愛情を受けた彼女は間違いなく、それだけ人にも愛情を注ぎ続けた素晴らしい人だったのだと思います。

この本によると、もともと彼女が取材を受けたのは、彼女自身が自分のように検査を先延ばしにして手遅れになってしまう人がおられませんようにという願いを込めて、既に病魔に冒されて入院している身でありながら、友人に相談したことがきっかけだったそうです。

そして、もちろん、彼女自身がそれだけ素晴らしい人だったのだと思いますが、彼女の周りの人たちの愛情がすごい。
取材を受けることができないかと奔走した友人。結婚式のようなことができないかと片っ端から教会や式場などに打診した友人。式のようなことをするとなって、内緒で彼女がほしがっていた指輪を用意しようとした恋人。。。さまざまなエピソードに心を震わされます。

個人的に特に印象に残ったひとつが、彼がある指輪を探したとき、色々なお店にあたっても見つからず、誰もが知っているであろう一流ブランドの本社に「手に入るなら日本全国どこにでも買いに行くので教えてください」と尋ねたところ、日本で1店舗だけ取り扱っている店が見つかったと。。。これ以上書くとこれから読まれる方の感動が減ってしまうと申し訳ありませんので控えますが、このエピソードにも運命のようなものを感じました。

本の帯に彼女の言葉が書かれています。

「みなさんに明日が来ることは奇跡です。
それを知っているだけで
日常は幸せなことだらけで
あふれています」

もちろん、彼女のようなケースは滅多にないことだとは思います。
滅多にないことだからこそ、彼女自身が「まさか自分は・・・」と思い、検査を先延ばしにしたとも言えるでしょう。
そして、長生きしたから幸せ、短命だったから不幸というものでもなく、彼女が愛する人たちより先にこの世を去らねばならなかった無念は計り知れないとしても、短くも愛情をいっぱい受け、幸せな日々を送ったことも紛れもない事実だろうとも思います。

命の大切さ、毎日生きていることのありがたさ、そんな普段忘れてしまいがちなことに気づかせてくれる、素晴らしい1冊だと思っています。
紹介を書くためにぺらぺらとページをめくっただけでもまた涙が出てしまいますが、彼女のご冥福をお祈りしたいと思います。

|

« 「読む・書く力を鍛える日本語トレーニング・プリント」 高濱正伸監修 | トップページ | 「『感謝の習慣』で人生はすべてうまくいく!」 佐藤伝著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/40084785

この記事へのトラックバック一覧です: 「余命1ヶ月の花嫁」 TBS「イブニング・ファイブ」編:

« 「読む・書く力を鍛える日本語トレーニング・プリント」 高濱正伸監修 | トップページ | 「『感謝の習慣』で人生はすべてうまくいく!」 佐藤伝著 »