« 「自閉症の僕が跳びはねる理由」 東田直樹著 | トップページ | 「親の品格」 坂東眞理子著 »

2008年2月 7日 (木)

「算数脳がグングン育つ「手づくりパズル」のすすめ!!」 高濱正伸著

高濱先生が昨年後半、続々とパズル関係の本を出しておられたようです。
「なぞぺー」もシリーズになっているようですが、こちらはパズル自体を親子で作ろうというものです。

算数脳がグングン育つ「手づくりパズル」のすすめ!!」 

高濱正伸著 草思社

評価 ★★★★☆

内容の紹介は本の帯に書かれていることに尽きるような気もするのですが、帯にはこう書かれています。

自分で「つくる」、
だから伸びる。

親子で算数パズルをつくって出しあうという、まったく新しい家庭学習法!すごく簡単に実践できるパズル例を多数紹介。自分で「なぞぺー」がつくれる!

表紙をめくるとこんなことが書かれています。読んで、「うんうん、納得」という感じですね。

 本書は、だれでもすぐ算数パズルがつくれるようになる本です。
 問題を自分でつくるようになると、子どもは、どうすれば難しくなるか、解答者を困らせるしかけはどこかと、考えるようになります。このことが、問題を解くだけでは得られない、問題を別角度から見る目を養い、算数脳を伸ばします
。(後略)

内容は、具体的に実際に解くことができるパズル問題が17種類、難易度を変えて3問ずつ紹介され、その後、その問題の作り方やコツなどが書かれています。
これを見ながら、私も作ってみたいなと思うものも少なからずありました。教室で子ども達にパズル問題や思考力問題などをしてもらっていますが、問題はどれだけあってもいいですし、時間を見つけて、今年は少しずつ作りためられたらいいなとも思います。(その前に教材をどうにかしなければですが・・・(汗))

昨年来流行している学習パズルですが、本を買って書き込んでしまうとそれはおしまいになってしまうかと思います。
しかし、この本があれば、ご家庭で、親子でどんどん問題を作ることも可能なのではと思います。ご興味のある方は一度ご覧ください。

|

« 「自閉症の僕が跳びはねる理由」 東田直樹著 | トップページ | 「親の品格」 坂東眞理子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/17358939

この記事へのトラックバック一覧です: 「算数脳がグングン育つ「手づくりパズル」のすすめ!!」 高濱正伸著:

« 「自閉症の僕が跳びはねる理由」 東田直樹著 | トップページ | 「親の品格」 坂東眞理子著 »