« 覚書(未読リスト) | トップページ | 「1日5分頭がよくなる習慣」 佐藤伝著 »

2008年1月24日 (木)

「算数脳ドリル 立体王 見える力編」

花まる学習会、高濱先生のパズルドリルです。

算数脳ドリル 立体王 見える力編 高濱正伸・平須賀信洋著 学研

評価 ★★★★

表紙に「空間イメージ力とひらめきセンスを伸ばす」と書かれていますが、このドリルではキューブ(立方体)を使って色々な問題に挑戦できるようになっています。

普通のドリルと違うのは、この1冊があれば、綴じ込みになっている厚手の紙を組み立てて実際にキューブを作り、それを使いながらやれるというところで、立体が苦手な子どもでも取り組みやすくなっていると思います。

ただ、紙のキューブは安定感などはやはり頼りないかと思いますし、より扱いやすく心置きなく問題に取り組むには、木などでできたキューブを用意される方がベターかなとも思います。(もちろん、それがなくても問題に取り組めるようになっていますので、ない方も大丈夫です。)

対象学年が小学2~4年となっていますが、うちに来ている子達を見ている限りでは(やらせてはいませんが)幼児や1年生でもある程度までの問題は十分取り組めるのでは?とも思います。

また、私自身がそうだったのですが、主に女子は空間認知の能力が弱いことが多く(もちろん例外もありますが)、その能力は意識して高めようとしない限り、、普通に過ごしていてはずっと苦手なままになりがちなものです。

更に、空間認知に関しては学校や一般の塾などでいくら勉強したところで、なかなか伸ばせる能力でもないように感じます。(私自身、ずっと苦戦してきましたし・・・)
ですので、小さいうちからこういう問題に意識的に取り組ませるのは、本人が興味を持てるのであれは大いにいいことなのではないかと思います。

恐らく、お母さん方の中にはお子さんより苦戦、お手上げ…という方もおられるかもしれませんが、お子さんと一緒に取り組んでみられるのもいいのではと思います。

ご興味がある方はどうぞ。

|

« 覚書(未読リスト) | トップページ | 「1日5分頭がよくなる習慣」 佐藤伝著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/17576645

この記事へのトラックバック一覧です: 「算数脳ドリル 立体王 見える力編」:

« 覚書(未読リスト) | トップページ | 「1日5分頭がよくなる習慣」 佐藤伝著 »