« 「探偵ガリレオ」 東野圭吾著 | トップページ | 「プリンシプルのない日本」 白洲次郎著 »

2007年11月29日 (木)

「きっと、よくなる!」 本田健著

恐らく2年ほど前に購入し、少し読みかけたところでそのまま放置。この分だともう続きを読むことはないのではと思いながら時間が過ぎていたのですが、最近ちょっと教育書から離れていたもので、ようやく読み終えました。

「きっと、よくなる!」 本田健著 サンマーク出版

評価 ★★★☆

以前は本田健さんの本が好きで結構読んでいましたし、「ユダヤ人大富豪・・・」などはベストセラーにもなり、読んでいても面白かったです。
ただ、おっしゃっていることは納得がいきますし、共感できることも多く、常に基本的に前向きな気持ちになれる内容であるものの、ある意味でどれを読んでも根っこの部分は同じことをおっしゃっているなと感じるところもあり、読みかけで長らく放置してしまいました。

続きを読んだものの、やはり印象としては変わらず、内容はいいことが書かれているけれど、本田さんのほかの本を読んだ人には新鮮味はあまりないのでは?と感じるものでした。

本の副題には「人生はよくなるようにできている」と書かれていますし、表紙をめくると「考え方ひとつで、どんな人の未来も必ずよくなっていくのです。自分のすばらしい未来を信頼してください。」とも書かれています。
要するに、そういうことに関して書かれた1冊です。

章立てはなく、2~4ページ程度に1テーマ、全部で100ほどのテーマについて書かれています。
いくつか見出しをご紹介しますと・・・。

最大のピンチは、最大のチャンス
試練はご褒美をもってやってくる
神様はケチじゃない
いちばん恐れていることをやってみる
まわりからの逆風は、飛び立つための向かい風
好きかどうかで物を選ぶ
あきらめなければ、失敗はない
いらないものを五つ処分しよう
人は、自分に許したものしか受け取れない
喜びの種を淡々と蒔く

書かれている内容は全て気持ちが穏やかになったり、あったかくなったり、前向きになったりという内容ですが、ひとつ、特に印象深かった(子どもネタだからでしょうか・・・)ところを引用させて頂きます。

「豊かな人ほど与え上手」というテーマで書かれているところですが、お嬢さんの幼稚園のお友達のお家が火事で全焼してしまったときのことだそうです。

 秋のある日、幼稚園の親しくしているお友達の家が火事になり、全部焼けてしまったと言うニュースが飛び込んできました。子供服や身の回りの物を集めて、その子にあげようとしていたとき、娘が急に「いいこと思いついた!」と叫びました。
 「ねぇ、パパ、このお家あげようよ!私たちには、おばあちゃんの家があるからさ」というのです。いろいろあげようとは思っていましたが、まさか家をあげるとは思ってもいなかったので、「え!家をあげる?ダメダメそんなの」と強く否定してしまいました。
 すると、それにめげずに今度は、「そうか。じゃ、車をあげようよ。二台あるからね。決めた!」というのです。これには、笑ってしまいました。
 両親ともプレゼントが好きなせいか、娘は、お客さんが来るとシールとか、いろいろな物をあげます。
 あるとき、娘のお気に入りをあげようとしているのを見て、「あれ、それっていちばん好きなやつじゃなかったっけ?」と聞きました。すると娘は、「そうだよ。好きだからあげるの」というのです。
(後略)

なんて素敵なお嬢さんなんでしょう・・・。

人生に落ち込んだり、悩んだりされている方は少し元気になれるのではという1冊です。

|

« 「探偵ガリレオ」 東野圭吾著 | トップページ | 「プリンシプルのない日本」 白洲次郎著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/17053454

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっと、よくなる!」 本田健著:

« 「探偵ガリレオ」 東野圭吾著 | トップページ | 「プリンシプルのない日本」 白洲次郎著 »