« 「伸びる子の法則」 森山真有著 | トップページ | 「川田龍平いのちを語る」 川田龍平著 »

2007年7月30日 (月)

「新幹線ガール」 徳渕真利子著

先日、書店に寄ったらこの本が目に付く棚にずらっと並んでいて、表紙に写っている満面の笑顔の女性とこのタイトルがなんとなく気になり、購入してみました。

「新幹線ガール」 徳渕真利子著 メディアファクトリー

評価 ★★★☆

著者の徳渕さんは、アルバイトで新幹線のパーサー(車内販売などをしている女性)になり、抜群の販売成績を上げ、その後正社員になった方だそうで、年齢もまだ23歳。とても若くて爽やかな彼女が新幹線やパーサーの仕事について、彼女らしい言葉(ということになるのだと思います)で書いておられます。

私はほとんどどこにも行かない人間で、新幹線に乗ったのも一番最近がいつなのか思い出せないような状態です。
ですから、パーサーと言われても、なんとなく、ああ、新幹線の中で車内販売をしている女性のことね・・・なんて思って読み始めました。

もともと、この本を書かれたきっかけがはじめに書かれていますが、彼女はアルバイトを始めて1年4ヶ月が過ぎた頃、掲示板の「個人別売り上げランキング」で平均値の3倍の売り上げを上げて約900名いるらしいパーサーの1位になったそうです。

それがきっかけで、朝日新聞の天声人語の取材を受けられたのだそうですが、売り上げを上げる秘訣を聞かれ彼女は困ってしまったそうです。

 正直なところ、「多く売ろう」と心がけたことはあまりありません。「努力と笑顔が理由」としか答えられず、わけが分からないまま取材は終わりました。パーサーとしても一年と少しの経験しかなく、取材を受けること自体、とまどいました。
 だけど、この取材がきっかけで「世の中の皆さんに、パーサーという仕事がどんなものなのかもっと知ってほしい」という気持ちが心の中に芽生え始めました。私たちパーサーの仕事は、車内で飲み物やお弁当を売るだけではないのです。
 ただただ新幹線が大好きでたまらない、二十三歳の新米パーサーでしかない私。短い取材だけでは言い尽くせなかったことを伝えたくて、この本を出す決心をしました。

こう書いておられます。
7章からなっており、間あいだには写真もあります。

第1章 東京~新大阪のお仕事
第2章 「パーサーになる!」
第3章 驚きの"パーサー心得"
第4章 ワゴンの裏側で
第5章 大好き!新幹線
第6章 フリーターから
第7章 売り上げナンバーワン!

とても読みやすい文章で、さらっと読めます。
そして、私はこれまでほとんど知らなかった、新幹線でのお仕事がかなり詳しく書かれており、また、彼女がどうして売り上げナンバーワンになったのか、きっとご本人は特別に何かをしたという意識はないのだと思いますが、さまざまな心配り、気遣いがあってのことなのだなということが伝わってきます。

内容は新幹線でのお仕事の紹介が中心ですが、書かれていることを読んでいると、販売のお仕事をされている方はもちろん、接客業、ひいては仕事に限らず社会生活を送る上でも参考になること、感心させられることが色々と書かれているように思います。

何より、彼女は本当にこのお仕事が好きなんだろうなということが伝わってくる、気持ちのよい1冊でした。

|

« 「伸びる子の法則」 森山真有著 | トップページ | 「川田龍平いのちを語る」 川田龍平著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/15910457

この記事へのトラックバック一覧です: 「新幹線ガール」 徳渕真利子著:

« 「伸びる子の法則」 森山真有著 | トップページ | 「川田龍平いのちを語る」 川田龍平著 »