« 「奇跡と呼ばれた学校」 荒瀬克己著 | トップページ | 「きみはなぜ働くか。」 渡邉美樹著 »

2007年6月28日 (木)

「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」 島田紳助著

ネット書店で目に留まり、島田紳介さんのことは常々「なんて頭のいい人なんだろう・・・」と思っていたこともあって、ビジネス書みたいなものは滅多に読まないのですが、ちょっと読んでみました。

そして・・・紹介文を書く前にりんご先生にご紹介したら、りんご先生が先にこちらで紹介しておられます。とってもいいところを引用されていますね。どうぞお読みください。

「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する 絶対に失敗しないビジネス経営哲学 

島田紳助著 幻冬舎

評価 ★★★★★ (教育にはあまり関係私としてはとても面白かったです。)

我ながら、どこまで単純やねん・・・と思わなくもありませんし、本を読んだりして感動するたびにファンになっていたらキリがないとも思わなくもありませんが、もともと結構好きだったので、本を読んで一層ファンになりました。

さすが頭の回転が速いなぁと思わされますし、本業がお笑いというだけあって、とても読みやすく、内容もわかりやすい。
もし、起業しようと考えている方などがおられましたら、まず読んでみられてはと思う内容がぎっしりでした。

ご本人は本の初めで以下のように断っておられますが、読んだ印象としては、それは謙遜というか、本業のビジネスをする際にも十分に参考になることが書かれているのでは?という印象を受けました。(まあ、私は「ビジネス」に関しては全くというほど勉強していませんので、アテにならないかもしれませんが・・・(苦笑))

 もっとも、1つだけ最初にはっきりさせておきたいことがある。これを書いておかないと、本業としてビジネスに取り組んでいる方に、とても失礼な話になる。
 ここで僕がいうビジネスは、あくまでもサイド・ビジネスだ。
 極論するなら、儲けるためのビジネスではない。実際に僕は、営利目的でビジネスをしていないし、もっと言えば、店の儲けからお金を得ることもない。
 言葉は悪いけれど、あくまでも遊びとしての、人生を豊かにするサイド・ビジネスとしてのビジネスのススメだ。
 お金は自分の本業できちんと稼ぐのが前提。その本業で儲けたお金で、面白いことをしようという話なのだ。だから目的は、儲けることではなく、自分も含めて、そのビジネスに関わるみんなが幸せになること。
 そういうわけで、大儲けをしようと考えている人には、僕の話はあまり参考にはならないかもしれない。そのかわり僕の方法なら、サラリーマンだってビジネスを始めることができる。資金はたくさんあるに越したことはないが、そこは工夫の仕方でなんとでもなると思う。自分の身の丈にあった、無理のない規模から始めればいい。
 ただし、サイド・ビジネスであろうと、ビジネスであるからには、金銭的にきちっと成立しなきゃいけない。あり余るお金を注ぎ込んで、赤字を垂れ流しながらビジネスで遊ぼうという話ではない。だいたいそれじゃ、ちっとも楽しくない。儲かってこそ、自分のアイデアの正しさが証明できるのだ。

内容は4章から成っていて、それぞれタイトルは以下の通り。

第一章 みんなが幸せにならなきゃ意味がない
第二章 常識破りで魔法のアイデア
第三章 仲間こそが宝物
第四章 お金と成功

読んでいて感じたことは、とにかく頭のいい人だなということ、お笑いに関しても想像を遥かに超える努力をしておられるのだなということ、そして、すごくすごく「人」が好きなんだろうなということでした。

こういう考え、気持ちでビジネスをすれば、きっと失敗はしないだろうと思えることがいっぱいありましたし、もともと「お金儲けの方法」とか、テクニック的なものを受け付けない私も、ここに書かれていることはとてもすんなり受け入れられることが多かったなと感じています。

テレビを見なくなって久しいのですが、以前は深夜の時間帯に島田氏がやっていた(今もやっているのかと思いますが)「クイズ紳助くん」という番組に出ていた、何をやらせてもパッとしない、お笑い芸人としては絶対売れないだろうなと感じていたひとりのお弟子さんがいるのですが、その人は今、東京で大繁盛しているお好み焼き店の経営者になっているそうです。

本にはその方が独立するときのことなどが書かれているのですが、それを読みながら、人との出会いは大きいよなぁと改めて感じたりもしました。

ビジネスに興味のない方が読まれても、十分面白いのではないかと思います。
私としてはかなり楽しく読ませて頂きました。オススメです。

|

« 「奇跡と呼ばれた学校」 荒瀬克己著 | トップページ | 「きみはなぜ働くか。」 渡邉美樹著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/15464972

この記事へのトラックバック一覧です: 「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」 島田紳助著:

» ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 [ビジネス★思考★試行★嗜好]
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 この本はサイドビジネスをやりたい方におすすめです。島田紳助は自分のネームバリューで儲けているわけではありません。 天才的な商人の考え方です。 薄いですし、一気に読めてしまいます。 ネットビジネスをやるうえでも、持ちたい考え方が散りばめられていますよ。... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 08時35分

» [本] 『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』島田紳助(著) [First Penguin : ファースト・ペンギン]
この本を読むまで著者の島田紳助氏は芸人としてだけではなくビジネスマンとしても成功を収めていることを知った。複数の飲食店ビジネスを展開していく上で築き上げた彼なりの斬新なビジネス哲学を学ぶことができた。ビジネスパーソンとしての固定観念や先入観を取り払ったそ... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 21時12分

« 「奇跡と呼ばれた学校」 荒瀬克己著 | トップページ | 「きみはなぜ働くか。」 渡邉美樹著 »