« 「横浜改革 中田市長1000日の闘い」 ブックマン社 | トップページ | 「鏡の法則」 野口嘉則著 »

2007年5月 7日 (月)

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」 武田邦彦著

滅多にテレビを見ないのですが、先日たまたま休日にテレビをつけたところ、ある番組に武田先生が出ておられ、なんだか「世間の常識」とは異なる発言をされていたのが印象に残りました。

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」 

武田邦彦著 洋泉社

評価 ★★★★☆ (とりあえずみんなに読んでみてほしい感じ。)

テレビで見た武田先生の印象はなんだか飄々としていてややつかみどころのない印象で、そのくせ、世間で言われている常識とは全然違う発言を次々にする姿が強烈に印象に残りました。

気になるなぁと思っていたところ、ネット書店でこの本を見つけ、早速購入してみました。
正直言って、これが仮に全て真実だったら、世間の殆どの人が驚くか怒るか呆れるか・・・そういうことがびっしり書かれています。

もちろん、全てを鵜呑みにはできないかもしれませんが、著者の武田先生は現在、名古屋大学大学院の教授でおられ、ご専門は資源材料学とのことですから、お上を敵に回しかねないこの内容を実名で堂々と書かれるからには、少なくとも大半(もしかすると全て)が真実なのではないかと思います。

この本に書かれている内容が全て事実であった場合、そして、それを一般市民が広く知った場合、先生は国や一部の団体などを敵に回す可能性すらあるわけで、それを押してまでこれを書かれたというのは、やはり人としての良心と学者としてのプライドのようなものによるのではないかと感じました。

内容は5章からなっており、それぞれの章のタイトルは以下の通りです。

第1章 資源は7倍、ごみは7倍になるリサイクル
第2章 ダイオキシンはいかにして猛毒に仕立て上げられたか
第3章 地球温暖化で頻発する故意の誤報
第4章 チリ紙交換屋は街からなぜいなくなったのか
第5章 環境問題を弄ぶ人たち

ペットボトルをリサイクルすると言って回収していますが、実のところは「24本のうち3本」しか再利用されておらず、他は焼却処分などをされているそうです。
また、私達の「常識」では、ペットボトルはフリースなどにリサイクルされるのだと単純に考えているのではないかと思いますが(私はそう思っていたし)、それは本当にごく僅かで、また、ペットボトルに再生しようとした場合も元通りのキレイな状態の製品にはならないのだそうです。

更に、分別回収をするようになったことによって増えた手間、それにかかる人件費その他、また分別することになって以降の急激なペットボトル消費量の増加などが書かれているのですが、これが事実なら私達は一体何のために分別しているのだろうという気持ちになります。 

ダイオキシンの話も書かれていますが、こちらは多分先生がおっしゃっていることが間違いないだろうと思う内容で、だとすれば、ダイオキシンが出るからと焚き火を控えたり、自治体レベルでは莫大な費用を費やして焼却炉を新しくしたりしたのは一体なんだったの?という感じです。

また、地球温暖化についても、「京都議定書」にアメリカが批准しないというニュースは聞いたことがあり、なんて身勝手なと思っていたのですが、それも大きな誤解というか、かなり偏った情報だけが広く知らされているようだということに驚きました。

かなり衝撃的だったのは地球温暖化に関して書いている章に書かれていたこの内容。

国連のIPPCという機関の報告を調べてみると

「北極の氷が溶けたら海水面がどうなるか」ということはほとんど書いていない。なにしろアルキメデスの原理があるのにそんなことを専門家が議論する必要はないので、「関係ない」としている。
 当然である。
 南極の方はいろいろな角度から予測をしているが、平均的な予測としては「南極の周りの気温が高くなると、僅かだが海水面が下がる」という結論だ。(中略)

 
それに対して、日本の環境省の環境白書には

「地球が温暖化すると極地の氷が溶けて海水面が上がる」と書いてある。(中略)
 これに憤慨した私の研究室の一人の学生が、さっそく環境省の係官に電話をした。
「IPPCの報告には、南極の氷も北極の氷も、ほとんど海水面の上昇には関係がないと書いてあるのに、環境白書には南極や北極の氷が溶けて海水面が上がると書いてありますが、これはどういう理由からですか」
 環境省の役人は次のように答えたと、その学生は憤懣やるかたない様子で言っていた。
「IPPCの報告書が長かったので、それを短い文章にしたらこうなった」

(注:武田先生は、温暖化しても海水面は上がらないと主張しておられるわけではありません。)

初めのうちはこれはどこまでが事実なんだろう?と思いながら読みましたが、書いておられる内容が、市民の側、弱者の側に立って書かれている印象を受けますし、第5章などは特に、この方がウソやでっち上げを書かれるはずはないと思えるような、日本の未来、子ども達、孫達のために今何をしなければならないかということが書かれており、愛情を感じます。

石油が枯渇したら、食料自給率の低い日本では多くの人が餓死するだろうと書かれており、その理由も納得の行くものです。
環境に優しいといわれるものも、冷静に判断した場合、それを作るために大量のエネルギーを消費していたりする場合も少なくなく、私達が一般に知らされ、常識だと思っていることが、実はかなり偏った情報のみ与えられた上での「常識」なのだと思わざるを得ませんでした。

全てをそのまま鵜呑みにしてはいけないのかもしれませんが、こういう見方があるのだという意味で、一人でも多くの方に読んでみて頂きたい1冊です。

|

« 「横浜改革 中田市長1000日の闘い」 ブックマン社 | トップページ | 「鏡の法則」 野口嘉則著 »

コメント

連続ですみません。訂正です。
書き込んでから気付いたのですが、最後のテレビで著者が発言したとの部分は別の学者の方の発言でした。すみません。

池田 清彦 さん(山梨大学教授)の発言でした。
この方の著書には「環境問題のウソ」というのがあります。

投稿: rei | 2007年8月18日 (土) 18時49分

知らなかったことを明確にしてくれているという点で有意義な本だとは思いますが、残念ながら悪い作用もあるかと思います。

それは、この本で述べられているのはほとんどが「日本のマスコミ(もしくは行政)が煽っている知識は間違いが多いよ」ということであって、環境問題がなくなるわけではないからです。
むしろ、海外からは環境途上国と思われている現状で、これを読んだ人が「なんだ、環境問題ってウソなんだ」もしくは「個人で頑張っても仕方ない」とミスリードすることは大きなマイナスだと思います。

リサイクルされていないとか水面上昇がないとかの細かな論点の間違いのために、環境問題全体の重要性を軽視させるような論調は読む立場として注意が必要かと思います。

ちなみに著者の方もテレビで温暖化は事実だけども、対策はコストがかかるから自分は何もしないで好きに生きたほうがいいというようなことを仰ってました。この意見に共感できるならそれはそれでいいと思うんですけどね。

投稿: rei | 2007年8月18日 (土) 18時33分

うそさん初めまして。コメントありがとうございます。
もちろん、何が真実かは1冊の本だけで判断することはできないと思いますし、
仮にこの本に嘘のデータが使われているとしても、全てが嘘とも判断できない
のではないかとも思います。
個人的に、この本を全て支持しようとか、全て否定しようとかいうことではなく、
これをきっかけに環境問題を自分も含めてひとりでも多くの人が考え直す
きっかけになればいいのではと思ったりしますが、それではいけないでしょうか?

投稿: TOH | 2007年7月18日 (水) 13時14分

武田邦彦氏の著書の特徴はデータの出典、参考図書を一切明らかにしてないが信用できるのでしょうか?
テレビで放送されているから信用するのはあるある大辞典と同じと思われますがいかがでしょう?

まず、この本はなぜデータの捏造までしているのでしょうか?
参考リンク
http://www.petbottle-rec.gr.jp/syoseki/index.html

投稿: うそ | 2007年7月17日 (火) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/14842549

この記事へのトラックバック一覧です: 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」 武田邦彦著:

« 「横浜改革 中田市長1000日の闘い」 ブックマン社 | トップページ | 「鏡の法則」 野口嘉則著 »