« 「塾は学校を超えられるか」 八杉晴実著 | トップページ | 「そのオモチャ、本当に買ってあげていいの?」 ガリー・バフォン著  »

2007年5月21日 (月)

「チャンスがやってくる15の習慣」レス・ギブリン著

書店の店頭で何度か見かけ、どうやらベストセラーであるらしい上、表紙のオレンジのかぼちゃが印象的で、読んでみることにしたのですが・・・。

「チャンスがやってくる15の習慣」

レス・ギブリン著 渋井真帆訳
 ダイヤモンド社

評価 ★★★☆ (書かれている内容はいいと思うのですが、私の好み的にはこんな感じ)

本の帯に「1時間で読める、一生の宝物。」と書かれているのですが、恐らく実際には1時間もかからずに読めると思います。(もちろん、隅々まで精読したらもっとかかるのかもしれませんが。)

ページ数も120ページほどですし、1ページの行数も少なく文字も大きめ。私にとってはこれでこの価格は買わなくてよかったな・・・、書店で立ち読みすればよかった・・・(といっても実は書店で立ち読みは記憶にある限りしたことがないのですが・・・)という印象でした。

もちろん、内容が悪いわけではなく、もともと著者であるレス・ギブリン氏はアメリカで1965年にセールスマン・オブ・ジ・イヤーになられた方だそうで、この本はコミュニケーションの教本として累計500万部も売れていると紹介されています。
また、著者のクライアントはGE、メリルリンチ、アムウェイなど名だたる大企業でもあるそうで、著者ご本人が「セールス」で全米トップになられたというだけあり、恐らくセールスに関わるお仕事をしている方などには大いに参考になるのだろうなと思いました。

また、訳者である渋井氏は恐らく30代半ばぐらいだと思うのですが、この本のまえがきからすると、事業で1億円以上の売上を達成されているはずで、その方はまだ翻訳されていなかった英語で書かれたこの本でビジネスに成功されたようですので、必要な方には役に立つというのは多分間違いないのだろうと思います。

ただ、コミュニケーションの教本と書かれているように、人とのコミュニケーションにおける大切なことが15の項目に分けて非常にわかりやすく書かれているわけですが、個人的にはなんだかしっくりきませんでした。

例えば、それぞれの項目からいくつか挙げますと、

習慣③ 認められている、と相手に感じさせる
習慣⑧ 「ノー」とは言わせない状況にする
習慣⑨ 会った瞬間に笑顔を向ける

などとなっており、もちろんそうされたとしても相手は不快感を感じることはないでしょうし、むしろ好意的に受け止めてくれるのは間違いなく、だからこそ、良好なコミュニケーションが図れ、その結果として売りたいものを買ってもらえる、要望を聞き入れてもらえるといったことに繋がるというのは正にごもっともという感じではあります。

そして、世の中の多くの人が人と接するときにこの本に書かれていることを意識しながらコミュニケーションを図れば、お互い気持ちよく過ごせることが増えるでしょうし、そういう意味でもこの本に反論するとか否定するとかという気持ちはないのですが、あくまでも個人的な好みでいえば、あまり好きな本ではありませんでした。

もちろん、参考になる面もあるのですが、それでも、例えば誰かが教室を訪ねてくれるとき、相手に好印象を与えるために笑顔を向けようなどと考えたことはありませんし、相手に断りづらくさせるような質問を考えようなどと思ったこともありません。
個人的に、駆け引きのようなものが苦手で、いいものはいい、ダメなものはダメとしか言えない性格でもあるため、昔からセールスは最も苦手な仕事だと思っていますから、その私が違和感を感じるのは当たり前なのかもしれません。(私がセールスの仕事をしたら、その商品を心からいいと思っていない限り、絶対売れないと思いますし・・・。(苦笑))

営業テクニックということで言えば、きっと大いに参考になると思いますし、人とのコミュニケーションが苦手でどうにかしたいと思っておられるような方にもきっと参考になるんだろうと思います。
ただ、本当にあっという間に読めますので、まずは書店でご覧になってみてはいかがでしょう。

|

« 「塾は学校を超えられるか」 八杉晴実著 | トップページ | 「そのオモチャ、本当に買ってあげていいの?」 ガリー・バフォン著  »

コメント

気を遣ってくれてありがと~。(笑)
実は忙しそうに見えているだけで、忙しくないんじゃないかなと。(苦笑)
寝てるし食べてるしぼ~~っとしてるしね。(笑)

投稿: TOH | 2007年5月29日 (火) 21時54分

うん。いちおうお仕事場にお邪魔してるかんじだから、真面目な感じでないとだめかと思って。。
いいのかな?素で。
しかし、ほんといつ本読んでるんだ!
すごいね!(超遅れ投稿ですんません)

投稿: yuki | 2007年5月29日 (火) 09時27分

yukiさん、いつもありがとうございます♪
というか、なんだか真面目なキャラでのコメントだね~。(笑)
忙しいとなかなか読めないんだけど、読まなくなるととことん
読まないので、仕事で毎週2回更新ってのを義務付けること
でどうにか読んでます。
それでも、未読の本が30冊ぐらいたまってるんだけど・・・。

投稿: TOH | 2007年5月22日 (火) 20時47分

こんにちは。
忙しそうなのに本もたくさんよんでいらっしゃるのですね。
今日はひまなので、こっちにもおじゃまさせて下さい。

<習慣⑧ 「ノー」とは言わせない状況にする

これは怖いですね。嫌ですねぇ。
こんな風に計算して、人を操って生きていると、きっと自然に巡ってくるはずの恵に出会いそびれちゃうような気がします。

ここ(読書感想ブログ)も面白そうですね~
私も本好きだから、ちょこちょこ見せていただきますね。
また~

投稿: yuki | 2007年5月22日 (火) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/14938730

この記事へのトラックバック一覧です: 「チャンスがやってくる15の習慣」レス・ギブリン著:

« 「塾は学校を超えられるか」 八杉晴実著 | トップページ | 「そのオモチャ、本当に買ってあげていいの?」 ガリー・バフォン著  »