« 「隣の子供はどうやって東大に行ったのか」 講談社&東大脳研究会 | トップページ | 「ユダヤ人大富豪の教えⅡ」 本田健著 »

2007年3月26日 (月)

「絶対脳力を120%ひきだすイメージドリル」 かみふじこうじ作成

ネット書店で目に留まり、注文してみましたが・・・。

「絶対脳力を120%ひきだすイメージドリル」 

久保田 競監修 かみふじ こうじ問題作成 主婦の友社

評価 ★★★☆

値段もそう高くなく、タイトルがちょっと気にもなったので注文してみましたが、この本のあと、シリーズで「絶対脳力を120%・・・」というタイトルのドリルが色々出ているようです。

また、それらはタイトルに全て「大人の」とついており、少し前大流行した大人のためのドリルのひとつのようです。
ただ、この1冊だけはタイトルに「大人」とはついておらず、内容も小学生でも取り組めるものが殆どです。

実際、教室の子達がやっている問題に似たものもありますし、りんごアンテナのパズルマガジンの問題と似たようなものもかなりあり、ちょっと驚きました。

大人がやるには簡単すぎるものも結構ありますが、一時流行った大人のための計算ドリルとかだと敢えて簡単なものをやることがいいというご意見もあったようですので、もしそれが本当なら、これを大人の方がやっても効果があるということでしょうか。

どちらかといえば小学生から中学生ぐらいまでの頭の体操に使うというのがよさそうです。
そういえば、「なぞペ~」に似たつくりですが、こちらか「なぞぺ~」かと言われれば、なぞぺ~の方がオススメかもしれません。(もちろん、これも楽しめると思うのですが。)
なぞぺ~よりは国語的な問題も結構あるというのが大きな違いでしょうか。

さて、この1冊で「絶対脳力」(ってそもそもなんだ?という話もありますが)が「120%」引きだされるかどうかは正直なところ疑問の残るところです。
頭の体操には十分使えるとは思いますが。

|

« 「隣の子供はどうやって東大に行ったのか」 講談社&東大脳研究会 | トップページ | 「ユダヤ人大富豪の教えⅡ」 本田健著 »

コメント

50になり子育てもしてないバカなじじいです
恥を忍んでメールすることを許して下さい
「数学力をどうつけるか」(戸瀬信之)ちくま新書
何気なく手にしたこの本を読みショックを受けました
これでは早々に呆けて逝ってしまうわけには行かないなと
少しでも呆けずに元気に働き世の中の為にならねば
かみふじ さんの教えを学ばさせて貰います
宜しくお願い致します

投稿: 桜 金太郎(ニックネーム) | 2008年5月 4日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/14056663

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶対脳力を120%ひきだすイメージドリル」 かみふじこうじ作成:

« 「隣の子供はどうやって東大に行ったのか」 講談社&東大脳研究会 | トップページ | 「ユダヤ人大富豪の教えⅡ」 本田健著 »