« 「勉強魂の作り方!!」 みかみ一桜著 | トップページ | 「頭がよみがえる算数練習帳」 竹内薫著 »

2007年2月26日 (月)

「がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!」 島田洋七著

以前、流行から遥かに出遅れてご紹介した「佐賀のがばいばあちゃん」の続編が続々と発売されているようですが、前作に継ぐ第2弾がこちらのようです。
私は見逃したのですが、以前「がばいばあちゃん」がドラマ化され、それを見た高学年の子達が前作が本棚にあるのを見つけて手に取っていました。

子ども達にも絶対お勧めできる内容だとも思いますので、続編も買ってみることにしました。沢山あるので、とりあえずはこちらともう1冊だけにしましたが、さて、今回の感想は。。。

「がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!」 

島田洋七著 徳間書店

評価 ★★★★☆

相変わらず素晴らしい!ホント、こちらも笑いあり、涙あり、じんわり心があったかくなる素敵な1冊でした。星5つでもいいところですが、前作との比較であちらに若干軍配がって感じでした。でも、私は大好きです。

前作のご紹介のときにも似たようなことを書きましたが、その辺の自己啓発系の本を読むより遥かにやる気が出そうですし、元気になれそうでもあります。
おまけに、数ある子育て本よりももっと役に立つかもしれないと思ったりもします。

やはり「おサノばあちゃん」は最高です。もしもご存命なら、何とかして是非会いたい方のおひとりになっていたであろうことは間違いありません。
前作を読んでいない方でも簡単なあらすじのようなものがあり、途中でも何度か同じ内容に触れてあったりもするので、いきなりこちらを読まれても楽しめるとは思いますが、やはり読まれるならまず前作をと、私は思います。

今回も最初から最後まで堪能しましたが、読むのは一気に読んでしまい、あっという間でした。前回には登場しなかった「アラタちゃん」という人物が登場するのですが、意外にも、島田氏とばあちゃんの生活は2人での生活ではなかったようです。(ネタバレにならないよう、このあたりで控えておきます。)

今回の中で特に印象に残ったところをいくつかご紹介しますと・・・。

こちらはおサノばあちゃんの言葉ではなく、島田氏ご自身の言葉なのですがいい言葉です。

 手伝いをしない子どもに、「褒めてやらせよう」みたいな話がよくあるが、それは何か違うなあと俺は思う。
 親が何かをやっていたら、子どもは興味を持ってやって来る。
 その時に、「できるかな?」とやらせてみて、やり遂げられたら、その子の仕事にしてしまえばいいのだ。

学校での評価の思い出話の最後に書かれているこちらの言葉も、表現は少し乱暴かもしれませんが、私は好きです。

 学校は社会の縮図でいい。
 強い子は威張って、弱い子はいじめられて、勉強ができる子は得意になって、できない子は別の得意技を見つけようとする。
 もちろん子どもだから、大人の先生が見守ってやり、時には助言を与えてやる必要はあるだろうけれど。

長男さんのごく短期間の反抗期について書かれた文のここも大好き。(笑)

 ある日のことだった。
 俺が家に帰ると、長男の大声が響いてきた。
「おかん!それ、持ってこいや!」
 こいつ、俺がいないと思って、母親に偉そうな口ききやがって。
 これはビシッと言ってやらねばと、俺も長男に負けない大声を張り上げる。
「誰に、もの言うとんねん!お前のかあちゃんの前に、俺の女やぞ!」
 ついでに一発、バン!と殴ってやったら、鋭い目で俺を睨み付けた。(後略)

この後に続く後日談の、留学先からの息子さんの手紙の書き出しがまた最高です。(けど内緒にしておきます。(笑))

こちらは、島田氏が「ばあちゃんが遺してくれた中で、俺が一番好きな言葉」と紹介している素敵な言葉がこちら。

 「死ぬまで夢を持て。叶わなくても、しょせん夢だから」

巻末におサノばあちゃんの写真があるのですが、やはり本当に品のいい、とても素敵な方です。

こちらも前作同様、何かに失敗して落ち込んだり、勇気が出なかったり、そんなときに読めば絶対元気になれそうな気がする1冊でした。

|

« 「勉強魂の作り方!!」 みかみ一桜著 | トップページ | 「頭がよみがえる算数練習帳」 竹内薫著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/14043720

この記事へのトラックバック一覧です: 「がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!」 島田洋七著:

« 「勉強魂の作り方!!」 みかみ一桜著 | トップページ | 「頭がよみがえる算数練習帳」 竹内薫著 »