« 「お母さんはしつけをしないで」 長谷川博一著 | トップページ | 「お父さんだからできる わが子を東大合格に導く12の力」 星野哲著 »

2006年9月28日 (木)

「夢をかなえる『そうじ力』」 舛田光洋著

今日は教育や子育てとは直接関係ない本のご紹介です。(どちらかというと、掃除嫌いの私がどうにかもう少し掃除をする気にならないものだろうかという目的で読んでみました。(苦笑))

人生カンタンリセット!夢をかなえる『そうじ力』」 

舛田光洋著 総合法令

評価 ★★★★

以前、やはり掃除嫌いの自分が掃除をするきっかけにならないだろうかと読んだ「ガラクタ捨てれば自分が見える」に共通するところも多かったのですが、日本人が書かれているせいか、もっとすんなりと読めたような気がします。

本の帯に書かれていることは、いきなり私の心にグサッときます。

あなたの部屋は、
あなたの心の
反映なのです

あいたたたって感じです。(苦笑)
私が家で全く仕事をする気になれない、やろうと思ってもついついダラダラしてしまう、そんな原因が万一この本に書かれているように「雑然とした落ち着かない部屋」のせいだったらと、思わず不安になりました。

まあ、そう思えただけでも、ちょっとは掃除をしてみようかな・・・と思えましたので、私にとってはいい本だったのではないかと思います。

著書の構成は4章からなっていて、1章は「人生を劇的に変える『そうじ力』」と題し、掃除によって倒産や離婚の危機などから復活した例や、ニューヨーク市の犯罪が激減した例、ディズニーランドの掃除の例などを紹介。
2章では「どん底からよみがえる驚異のパワー『マイナスを取り除くそうじ力』」として、「マイナスエネルギーを取り除く」掃除の仕方を紹介。
更に3章で「夢をかなえる強運パワー『プラスを引き寄せるそうじ力』」として、更に積極的にプラスエネルギーを引き寄せる掃除についてを紹介しつつ、掃除によって願望が実現したという実例をいくつか紹介しておられます。
最後の4章では「21日目、あなたは成功者体質になる!」と題し、三日坊主を7回繰り返すことでより強力なパワーが得られるということなどを述べつつ、この先の著者の夢なども書かれています。

1章で挙げられていたのですが、「ブロークンウインドウ理論」というものがあり、実験で、2台の車をボンネットを開けた状態にして1週間、1台はボンネットを開けただけ、もう1台は更に窓ガラスが割れた状態で放置したそうです。
その結果、前者は1週間特に何も起こらなかったのに対し、後者は10分後にバッテリーが持ち去られ、次いでタイヤが。更には落書きや投棄、破壊が行われ、1週間後には完全にスクラップ状態にまで破壊されたそうです。
その実験結果から「ブロークンウインドウ理論」というものができたそうですが、確かにわかるような気がします。

次いで、ニューヨーク市で、地下鉄の落書きを徹底的に消すところから始め、軽犯罪を厳しく取り締まった結果、治安が劇的に改善されたという話は以前に他でも聞いたことがありましたが、こちらにも紹介されていました。
これはブロークンウインドウ理論に基づいて行われたことだそうです。

この他にも、学校崩壊していたところで保護者がひとりで校内の掃除を始めたら、だんだん一緒に掃除する保護者が増え、そのうちに子ども達の中からも手伝う子が現れ、学校が蘇ったという話なども紹介されています。

読みながら感じたのですが、確かに、荒れた環境はそこら中にゴミが散らばっていたり、物が散乱していたり、落書きがされていたり、じめじめしていたりとそういうイメージと結びつきますし、その逆のイメージの場所では平和で穏やかな環境であることが多いように思います。

街中でも、吸殻や空き缶が捨ててあると、続いて捨てるのにあまり罪悪感を感じないけれど、何も捨てられていないキレイな場所に最初に捨てるのはやはり罪悪感を伴うでしょう。
ゴミがあればゴミを呼んでくる。マイナスはマイナスを引き寄せてしまう。そう言われれば、それはそれで納得です。

かといって、本に書かれているほど徹底的に掃除をするだけのパワーは私には出そうにありませんが、この本でもうひとつ気に入ったのは「三日坊主法」という言葉で、どんなことでも3日ぐらいなら集中してできると。だったら、「どうせ長くは続かないから・・・」とやる前から言い訳してやらないのではなく、徹底して三日坊主を繰り返せばいいのだと。
そう言われればちょっと気も楽になりますし、確かに全くやらないよりは集中して3日やって、またしばらくして3日やって・・・という方が結果的には遥かに効果があるようにも思えます。

短期集中型の私としては、3日すら持つかどうかわかりませんが、ときどきこういう本を読んで、やる気になって掃除をして、飽きてしばらくしたらまた読んで・・・と繰り返していたら、少しは掃除をし続けられるかもしれないと。

というわけで、単純な私は先日、早速少しだけですが、自宅と教室の普段はあまり手をつけていない部分の片付けやものの処分に勤しみました。
普段は仕事があるので、毎日継続してというのは無理(あくまでも掃除嫌いの私には無理なだけですけど・・・)ですが、これまでよりもう少しだけ前向きに掃除をしてみようかなと思いました。

掃除嫌いの方、部屋が散らかっている方、今何かがうまく行かなくて悩んでおられる方などにオススメです。

|

« 「お母さんはしつけをしないで」 長谷川博一著 | トップページ | 「お父さんだからできる わが子を東大合格に導く12の力」 星野哲著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/12060637

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢をかなえる『そうじ力』」 舛田光洋著:

« 「お母さんはしつけをしないで」 長谷川博一著 | トップページ | 「お父さんだからできる わが子を東大合格に導く12の力」 星野哲著 »