« 「脳内汚染」に関する追記 | トップページ | 今日はおやすみします。 »

2006年4月15日 (土)

「くまのこうちょうせんせい」 こんのひとみ作

ここ数日またなんだかバタバタしていて、まともに本が読めていません。。。

実在の小学校校長をモデルに書かれたお話だそうです。
大人の方にも是非読んでもらいたい。お勧めです。

「くまのこうちょうせんせい」 

こんのひとみ作 いもとようこ絵 金の星社

評価 ★★★★★

こう見えてかなり涙もろく、何で泣いてるの?みたいなことでも感動して泣いてしまうのですが、これにはかなりやられました。

実在された校長先生がモデルになっているということもあいまって、絵本なのに泣きっ放しというすごい状態になってしまい、子どもがいるときに読まなくてよかったなとしみじみ。。。(苦笑)

個人的には、子どもよりまず大人に読んでもらいたい。特に小さな子どもに関わっている大人には是非読んでもらいたい。そう思いました。

絵本ですからあっという間に読み終わりますし、当然大人であれば立ち読みでもすぐです。(立ち読みしていて泣いてしまっても責任は持ちませんが。。。)

なんだか大切なことを教えてくれる気がする1冊です。
きっと子どもも何かを感じてくれるのではないかと思います。

|

« 「脳内汚染」に関する追記 | トップページ | 今日はおやすみします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/9288210

この記事へのトラックバック一覧です: 「くまのこうちょうせんせい」 こんのひとみ作:

« 「脳内汚染」に関する追記 | トップページ | 今日はおやすみします。 »