« まだ読み始めたところなんですけど。。。 | トップページ | 「ふたりはともだち」 アーノルド・ローベル作 »

2006年3月17日 (金)

「3分で右脳が目覚めた。」 中谷彰宏著

今日はほんの少し時間の余裕があるものの、読み終わっている本が。。。
という訳で、昔読んだ1冊をご紹介。

「3分で右脳が目覚めた。」 中谷彰宏著 三笠書房

評価 ★★☆

私は単行本で出たときに書店の店頭で爽やかそうな表紙に惹かれ購入しましたが、今は文庫も出ているようです。

その頃、今の指導法に出会い、右脳とか左脳ということを意識し始めた頃でもあったので読んでみたのですが、まあ、何のテーマで書いても「中谷本」という感じでした。

読みやすいのであっという間に読めますし、ホッとしたり、やる気が出たりはしそうですが、「右脳」のことについて何か見識を深めたいとか、そういう用途には使えなさそうです。
実際、書かれていることのどこまでが医学的・科学的に正しいのかはわかりません。

恐らく、著者は小難しく考えず(左脳)、何でも楽しんで生きよう(右脳)というようなことを言っているようなのですが、これまでご紹介した本にもあるように、本来右脳と左脳は切り離せるものでもなければ、別々に鍛えたり目覚めさせたりすることができるものではない(すべきではない)と思っていますので、この本に関しては、あくまでも娯楽本、自己啓発本、そんな目的で読まれるのならよいのではと思います。

何しろ一番最初に書かれていることが(以下青字部分引用)

ゆっくり動くと左脳が働く。
速く動くと右脳が目覚める。

右脳を働かせようと思ったら、とにかく速く動くことです。
ゆっくり動けば動くほど、理屈屋の左脳が働き出します。

ですから。
あ、そうか。結構世に広く信じられている考え方のことなのですね。
左脳=理論・理屈、右脳=直感・創造、みたいな。
そういう分け方で考えた上で、いかに直感を研ぎ澄ますか、創造性を高めるか、そういう訓練をするには。。。ということなら、参考になるのかもしれません。

しかし。。。こんなことも書かれていました。。。

反復練習すると、
右脳が目覚める。

大人になると、反復練習が面倒くさくなってイヤになります。
しかし、反復練習は、実は右脳を鍛えるのです。

これはマズイ。。。(苦笑)
中谷氏のファンで素直な人がこれを全て実践してしまったら、果たしてどうなるでしょうか。。。まあ、大人だから大丈夫でしょうけども。

|

« まだ読み始めたところなんですけど。。。 | トップページ | 「ふたりはともだち」 アーノルド・ローベル作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/9134544

この記事へのトラックバック一覧です: 「3分で右脳が目覚めた。」 中谷彰宏著:

« まだ読み始めたところなんですけど。。。 | トップページ | 「ふたりはともだち」 アーノルド・ローベル作 »