« おしらせ | トップページ | 皆様にお願い。 »

2006年2月25日 (土)

「きっと!すべてがうまくいく」 ジェームズ・アレン著

気持ちが元気になれる本からのご紹介。
世界的ベストセラーのようですので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

「きっと!すべてがうまくいく」 ジェームズ・アレン著 PHP研究所

評価 ★★★★

2年ちょっと前だったでしょうか、書店にこの本が平積みされていて、なんとなく手に取りました。同じようなタイトルでシリーズのように出ているようですし、今はもう文庫本にもなっているようです。

自分で教室を始めてから、こういう類の本を読むことが減りましたが(読みたいのですが、時間が限られており、優先順位的に後回しになるんですよね。。。)、疲れているときなどには手元にあるとほっと癒されたり、やる気が出たりするのではと思います。

見開きに大きな見出しがひとつ。
本文は殆どが見開き2ページで詩のような行がえで書かれていますので、あっという間に読めます。そういう意味では高い本かもしれません。(笑)

例によって、見出しをいくつかご紹介します。(以下青字引用)

私たちの人生の中には、
偶然という要素はまったく存在しない。

私たちは、どんなときにも、
自分が学び成長を遂げるために
最適の場所にいる。

あなたの周りの人たちは、
あなたを映し出す鏡である。

不平をいうのは、
もうやめることだ。
それは、あなたを自己破滅へと導く
恐ろしい罠である。

心を愛で満たし、
明るく、おだやかに考えることだ。
そうすれば、
あなたにはどんな薬もいらなくなる。

人々が幸せを求めて
旅に出ようとしていたとしても、
ついていってはいけない。
幸せは、あなたの内側にあるのだから。

悪いことは、
姿を変えた良いことにほかならない。

あなたの理想は、
あなたの未来を予言するもの。

誰かが競争を仕掛けてきても、
そんなものは無視することだ。

人は、おだやかになればなるほど、
より大きな成功を手にできる。

こういう類の本がよく売れるのなら、世の中はもっと平和で穏やかになっていいはずだといつも私は思います。

昨今の江原さんブーム(ブームというのはイヤなのですが)などを見ていても、そんなにも精神世界に関心を持っている人が多いのなら、どうして世の中は穏やかにならないのだろうと思ったりもします。

ちょっと余談になりましたね。

この本もステキな本です。心が疲れているときなどに是非どうぞ。

|

« おしらせ | トップページ | 皆様にお願い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/8818557

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっと!すべてがうまくいく」 ジェームズ・アレン著:

« おしらせ | トップページ | 皆様にお願い。 »